サイト作成を依頼されたら、3つの連絡手段をフル活用

サイト作成を請け負ったときに、この3つの連絡手段があると、お客さんの経済的負担を減らし、やりとりの時間を効率化できます。


向山です。


個人でサイト製作を請け負った話を
先月にしました。



サイトは完成したのか?というと、
まだ30%しかできていません。。


お客さんである社長さんのご厚意で、

「納期はなくてよいから、
時間があるときに仕上げていってね~」

とのことなので、
お言葉に甘えています。

サイト作成を依頼されてお客さんと連絡する3つの手段


で。

社長さんとの連絡は何でしているかを、
お話します。

あなたがサイト作成を請け負ったときに、
お役に立てると思いまして。

すべて現在進行形で使っている
連絡手段となります。


社長さんとの連絡手段

1.LINE:チャットと通話
2.チャットワーク
3.Googleドキュメントの共有機能


1.LINE:チャットと通話


社長さんの疑問やご質問は、
その時その場で解決したいので、
LINEで連絡をもらうようにしています。

内容によっては、即通話で話してます。

疑問や質問は日中にいただくことが多く、
私も通話できる環境なので、
その場で解決するようにしています。


また、
サイト作成以外のweb系のご質問も、
通話ですべて答えるようにしています。

むしろ、
サイト以外のご質問のほうが多いです。

ささいな疑問でも解決してあげるのは、
手を抜けない大事な大事な
私から社長さんへのサービスです。

サイト作成以外の質問に答えることは、
私の仕事に対して価値を感じていただき、
満足していただくために、
無償でおこなっています。

2.チャットワーク


→チャットワーク公式サイト

チャットワークは、
文字のみ使っています。

私から社長さんへの依頼や、
逆の依頼も伝言で残していってます。

チャットワークの過去ログは、
お互いの記録・備忘録になります。

ですので、
いつどんなやりとりをしたのか、
いつでもお互いに確認できます。

3.Googleドキュメントの共有機能


→Googleドキュメント

Googleドキュメントは、
Microsoft officeのWordと
ほぼ同じ機能が使えます。

Wordだと誰かと共有するには、
Wordファイルを送らなければいけません。

Wordファイルは容量が大きいですし。


ですが、Googleドキュメントだと、
共有リンクを送って開いてもらえばいいだけです。

さらには、
ドキュメントの内容を修正・変更しても、
同じ共有リンクで、内容を見ることができます。


Googleドキュメントでは、
サイト作成の概要や契約書を
共有するために使っています。

Googleドキュメントは、
Word(docファイル)でも、
pdfファイルでもダウンロードできるので、
かなり便利です。

3つの連絡手段に共通する点


と、1.から3.まで見てきましたが、
この3つの連絡手段に共通する点は
わかりますか?

答えは、

・無料で使える
・スマホとパソコンで同期できる


です。

社長さんの金銭的負担をなくすために、
スマホ・パソコン両方でやりとりするために、
この3つを連絡手段として選びました。

だから、社長さんとのやりとりで、
すれ違いが起こったことはありません。



それと、補足として、
サイト作成に必要な画像は、
dropboxの共有フォルダに、
放りこんでもらってます。

dropboxもスマホ・PCで同期できるので、
重宝しています。

まとめ


まとめです。


サイト作成を請け負って、

1.LINE:通話とチャット
2.チャットワーク
3.Googleドキュメント
+dropbox

で効率的にやりとり



です。


いやー、ほんとに便利な時代!


ご参考まで!

個人でホームページ作成(京都市)を請け負いました

京都市の個人がサイト制作を請け負ったお話です。アフィリエイターはサイト作りのセミプロなんだから、「サイト作成」を売ってもいいのでは?

向山です。


2017年8月上旬に、ひょんなことで、
ホームページ制作を請け負いました。

京都市の個人がサイト制作を請け負いました


依頼は突然に・・・


依頼内容は;

「うちの会社のホームページを
リニューアルしたいけど、
自分でやるとすごく手間がかかるから、
なんとかお願いできないかなあ?

スマホ対応のサイトを作りたいんだよね。」

できる?


わたし;


はい!

おまかせあれ!!!

と請け負う返事をする前に、
ヒアリングをさせていただきました。


正式にていねいなメールをもらって、
HP制作の依頼を受けたのではありません。

そんなところで依頼されるの?!

えぇー!

うっそーん!!

というプライベートすぎる空間で、
ひとり会社の社長さんと知り合い、
ラインでお話することになり、
サイト作成を頼まれました(汗)。


社長さんは、私のプロフィールを
勘違いして見てらっしゃったんです。

×:WEB制作をしています

○:WEB屋です

「WEB制作」と空目(そらめ)
してしまった模様。

スキルがあるなら堂々と作れる!という


実は、ネットビジネスをやってきて、
HP製作依頼をきちんと受けたのは
初めてです。

プライベートではときおり、

「向山さぁ~ん、
うちのサイト作ってぇーー!」

といわれたこともあったんですが、
連絡が途絶えてしまい、
サイト作成までいかなかったんですね。

私の押しが弱かったのも原因です。


でも、今回社長さんに、

「向山さん、スキルがあるんやから、
自信持って言ったらいいですよ!」

と後押ししていただいたので、
それなら、ということで、
請け負うことにしました。

アフィリエイターのブログ作成スキルはセミプロ


アフィリエイト関連のブログを見てると、
みなさんカスタマイズをほどこして、
素敵なブログを作っていますよね?

もちろんブログ自体が
キャッシュポイントですから、
ブログの見栄えを良くするのは
仕事としては当たり前ですけど。


そのブログを作るスキルは、
実はリアルビジネスでは
すごく求められてることが、
今回のことでよくわかりました。

それも、
商品を紹介・販売するブログではなく、
会社やお店の概要をのせた窓口としての
ブログ(サイト)です。

現在は、サイトであっても、
Wordpressを使うのが主流なので、
Wordpressを扱えれば、
それなりのサイトが作れます。

セールスのための
ライティングは必要ないし、
デザイン構成もわかりやすくして、
スマホでも見れればよくて。

しかも、
HP制作業者よりも価格をおさえて、
面倒見よくサービスを充実させたら、
じゅうぶんなんです。

アフィリエイトサイト・ブログを作れるなら、
小さい会社やお店のサイトを作るのは、
難しくはないです。

WordPressが使えるとカネとコンテンツに化ける


何が言いたいかというと、

あなたが身につけた
Wordpressブログの作成スキルは
カネになり、コンテンツになる

です。

カネになるってえげつないですけど、
サイトが作れなくて困ってる方の
問題を解決をするのですから、
価値提供できますよね?

価値提供ができているならば、
それなりの報酬をいただいても
かまわないんです。

だから、
サイトが作れなくて困ってる人と知り合ったら、
迷わず手を差し伸べてあげてください。

(同業者はのぞきます)

あなたのスキルが必要とされています。


そして、
「他社のサイト作成をした」という経験は、
コンテンツになります。

この記事では、
サイト作成請負の詳細は書いてませんが、

・依頼時に気をつけたいこと
・HP制作業者との差別化
・お客さんとの連絡手段
・サービスと価格設定
・契約書の作成

など、
個人でサイト制作を請け負う際に、
どうすればいいのかをまとめたら、
同じ立場の方のお役に立てますよね?

まとめコンテンツは同業向けとなります。

まとめコンテンツのご要望があれば


HP作成請負のまとめコンテンツがほしい!

というご要望があれば、
お問い合わせからお送りくださいね。

サイト納品まで終えたら、
まとめコンテンツを作ります。

(コンテンツは売りません。)

余談


余談です。

社長さんと知り合ったところが、
まさかそんなところで!?なんですよ。

異業種交流会とか商工会議所といった
がちがちのビジネスの場ではありません。

欲望がうずまくある場所です(笑)

油断してたら、
うっかりチャンスを逃すとこでした。



うまくできるかどうかわからなくても、
飛び込んだ事例でした。

幸い、WEBビジネス系は、
ロスなく改善していくだけなので、
ありがたい世界ですよね。



では!


30分だけやる:アフィリエイトのモチベーション維持

アフィリエイトでモチベーションを維持するには、とりあえず30分だけ!

向山です。


アフィリエイトのモチベーションが
保てない・・・

実践できない

実践が続かない

挫折

エンド。


ってエンドしちゃだめよー!!

30分だけやる


人間は自然と楽したいイキモノ


モチベーションの維持は、
まあ、ほんとに難しいです。

人間って放っておいたら
楽したい生き物なので、
すぐになまけてしまうんですよ。

あなたも私も楽したがる性質を、
そもそも本能で持ってるんですね。


楽に流されないでいるには、
どうしましょう?

タイマーを30分にしてパソコンの前にいる


30分。


30分はどうですか?



モチベーションがあってもなくても、
パソコンの前に30分座りませんか?

とりあえず30分。


本体とモニターの電源はオン。

ネット回線はつないである状態で。

ブラウザを開いて。。


そして、
スマホアプリのタイマーをオンにします。


私が使っているのは、
Timer+という無料アプリです。


Timer+
無料
(2017.08.05時点)
posted with ポチレバ

(GooglePlayでは現在配信が停止
されています)


「30分がんばる」という
タイマー名をつけるのはどうよという
ツッコミはありです(笑)



30分後・・・

あれ?もう30分?となるんですよ。


意識が高いあなたは、
アフィリエイト関連の何かの作業を
するはずなんですね?

30分もあれば。


・ASPの商品をチェックする

・ブログ記事に使う画像を探す

・アクセス解析を見る


といった、
先につながる作業をするはずです。

30分が長く感じたら


その後、
もう30分やるぞ!となるか、
やっぱやめとくわとなるかは、
あなた次第で。


どうしてもモチベーションが下がる時は、
30分が長く感じるはずなんです。

30分が長く感じたら、
やる気がないときなので、
やめておきましょう。

30分でダウンしてしまったら、
インプットにいさぎよく切り替えましょう。

本を読んでもいいですし、
自分が取り組んでるジャンルの情報を
ネットで集めてもいいですし。


インプットもアフィリエイトの
たいせつな仕事です。

インプットのしすぎは
頭でっかちだとよくいわれますが、
そもそも脳に情報がないと、
何もアウトプットできませんから。

私の感覚では、
情報のインプットを10したら、
アウトプットを1する感覚です。

アウトプットが1と少ないのは、
内容の精度が高いコンテンツを、
濃縮してドーンと出すからです。


いま求められてるのは、
考えてないうすーいコンテンツではなく、
考えぬかれた密度の濃いコンテンツです。

例:コンテンツSEO

だから、
アウトプットが大量にできなくても、
濃いものを1つずつ出していくんですね。

1つ1つを積み重ねます。


で、内容の精度をあげるには、
やっぱり大量のインプットが必要です。

だから、
インプットはつねにおこないます。

30分が短く感じたら


30分が短く感じたら?

ヒトの本能である楽する方向に
無意識に流されちゃってたんですよ。

30分以上作業できそうなら、
続けてしまいましょう。

そしたらあっという間に
時間が過ぎていきますから。

まとめ


まとめます。

アフィリエイトのモチベーションを保つには;

1.スマホのタイマーアプリで
30分に設定する

2.タイマーをオンにして
パソコンの前にすわる

3.30分が短く感じたらインプットに切り替えて、
長く感じたらそのまま作業を続ける


です。


ちなみに、
私のタイマーアプリの「一時間」は、
1時間作業したら休憩するために
設定しています。

ぶっ続けでブルーライトを浴びると、
眼精疲労になってしまうので、
1時間置きに休憩して、
ストレッチをしています。



では、ご参考まで!

冷えた青いタオルを差し出そう

近所の床屋さんで冷えた青いタオルを差し出されたところから考えてみました。

先日、京都のむせかえる暑さの中、
お客さんが少ない時間をねらって、
いつもの床屋さんに自転車で
向かいました。

床屋は自転車で5分くらいのところです。
それでも暑くて、汗が吹き出すほどです。

冷えた青いタオルを差し出そう


近所の床屋さんの粋なサービス


床屋さんに入ると、
狙い通りにお客さんがいなくて、
すぐに散髪台に座ることができました。

理容師のおじさんに、

「暑かったでしょう?」

とねぎらいの言葉をかけてくれて、

「これ、冷たいタオルなんですけど、
使ってくださいね(^^)」

とにこやかにいわれながら、
冷たい青いタオルを渡されました。

おじさんは私の首に冷えタオルをあてて、
熱のこもった身体を冷やしてくれます。

私は、顔をふいたり、腕をふいたりと、
熱気に触れた部分を冷やしました。


あとでわかったことなんですが、
床屋の玄関に冷えタオルを入れた
アイスボックスがあって、

「ご自由にお使いください」

と張り紙がはってありました。

うう~ん、粋ですよね。

リピーターが多いのは安いだけではない


と、ここでストップ。

この床屋さんは、地元密着にもかかわらず、
大手チェーンと同じ、1080円カットです。

顔そりやシャンプーは、
オプション料金ですが、
それでも2000円以内で済みます。

どうやらこの床屋さんは、
けっこう前からあるらしく、
リピーターさんが多そうな感じです。


安くてリピーターが多い。


いやぁ~、
冷えた青いタオルを出されたら、
また来たくなっちゃいますよ。

真夏のお客さんの状態を理解して、
かつ、店がOKを出さないとできない
ちょっとしたサービスです。

ほんのちょっと手間がかかるけど、
お客さんにとっては、
とてもありがたい粋なサービスで。


大手のチェーン店のマニュアルでは、
青い冷えたタオルは出てきませんよね?

サービスはマニュアルに入ってないから。

”ちょっとしたサービス”をこっそりほどこす


何がいいたいかといいますと。

メルマガやアフィリエイトビジネスで
”ちょっとしたサービス”って
できますか?という問いかけです。

といいますか、
”ちょっとしたサービス”を、
こっそりおこなっていますか?

コンテンツをプレゼントになると、
わかりやすいサービスですので、
プレゼント系は除外します。


メルマガやアフィリエイトで
”ちょっとしたサービス”のたとえは;

・ブログデザインを読みやすくする

・文章をスマホで読みやすくする

・メルマガなのに画像を使う

などなどです。

お客さんや読者さんは、
気づきにくいかもしれませんが、
気づきにくい小さなサービスを重ねると、
中には気づく方もいらっしゃいます。

あっ、こんなところまで
こだわってるんだ!

こんな細かいところまで
やってくれるんだ!

小粋だね!!

と直接フィードバックはもらえなくても、
気づいている方がいらっしゃるんですね。

満足度をあげる


で、気づきにくい小さなサービスでも、
少しずつ積み重ねていくと、
お客さんへの満足度が上がります。

もちろん、

アフィリエイト特典のコンテンツ
メルマガやブログの文章

を充実させるのが最優先です。

コンテンツや文章を充実させた上で、
さらに何かできることはないかと、
常に意識するんですね。

意識し続けると、
”ちょっとしたサービス”が浮かび、
実際にサービスができるようになります。

神は細部に宿る


神は細部に宿る


ということわざがありますよね?

細部は、ちょっとしたサービスです。


私たちはWEB上でしか表現できない
ビジネスをやっていますので、
WEB上で細部のサービスを宿すしかありません。

相手の顔がわからない
相手も自分の顔がわからない

そんな中でビジネスをやっているので、
WEB上でできる細部のサービスは、
のちのち響いてきます。



冷えた青いタオルはどうですか?


あなたなりの粋な
ちょっとしたサービスは何ですか?


あなたにしかできない
ちょっとしたサービスが必ずあるはずなので、
ぜひ探してみてくださいね。



PS.

アイキャッチのキャラクターは
床屋さんにちなんだものです。



では!


アフィリエイトのライティング:言葉を重ねる

スマホ当たり前の時代は言葉を重ねて伝えなければ、何も伝わりません。

向山です。


メルマガでもブログでも、
メディアを使ってメシを食うならば、
言葉を積み重ねなければいけません。


ネットの世界は、
文字と画像で構成されています。

音声は文字をしゃべったものですし、
動画は音声に画像をのせたものです。

現在は時間の効率化を求められて、
文字で文章を読むのが一番早いので、
電話よりもLINEで連絡してほしい
といわれたりすることもありますよね。

LINEはスタンプがあるにしても、
文字のやりとりです。


何がいいたいかといいますと。

スマホが当たり前の時代になってから、
文字で、言葉で、文章で、
相手に自分の伝えたいことを
正確に伝えなければならないんですね。

正確に、かつ、わかりやすく、です。


自分ではわかってるから
文章を1行だけ相手に送ったとしたら、
相手にとっては「は?」なわけです。

大きな勘違いをしていますよ。



短文は、問い合わせでよくあります。

お問い合わせをいただいたときに、
文字数、文章量が少なかったとしても、
私のほうでできる限り想像して、
問い合わせた方の意図をくみます。

でも、どこが問題なんだろう?
結局何が言いたいんだろう?と
わからなくて、的外れの返信を
してしまうことがあります。


いやいやいや。

メルマガやブログといった、
文章を書いてメシの種を作る方が、
なぜそんな短い文章を書いてくるの?と。

相手にわからない短い文章を
書くの?と。

短い文章で売れますか?

はい、買ってね~(^^)って。

売れませんよね?


ビジネス意識が高いとか低いではなく、
仕事を全うする気があるのかなと
疑問に思うわけです。

ちょっと待って?と。


相手に自分の意図をなるべく正確に
わかりやすく伝えるためには、
ある程度の文章量が必要です。

どれだけ書けばいいといった
決まりはありません。

自分の伝えたいことが、
相手にわかりやすく伝わればいいんです。

文章が長いときもあるでしょうし、
わりと短いときもあるでしょう。

その時々で書いていきましょう。


ちなみに、1行でいいのは、
友だちとのLINEのやりとりや
Twitterくらいです。


どうしたら文章量を多く書けるか?

私が意識しているのは、
脳内で映像化して文章にします。

脳内で文章の一場面が浮かんでて、
その場面を文章に起こすイメージです。


もし文章が短すぎて、
相手をこまらせてしまっている、
相手に全然意図が伝わってない場合は、

「脳内映像を文章にする」

を意識して書いてみてください。

映像化からの文章は、
かなりわかりやすく相手に
伝わるようになっていますよ。



スマホ当たり前時代は、
文章でヒトに自分の伝えたいことを
伝えなければならない時代です。

スマホで文章を読んでもらい、
何かを買ってもらうには、
必要なことを、言葉を重ねて、
相手に伝えるようにしてください。



では!


須藤凜々花(NMB48)の結婚宣言:好きに生きろ!

2017年AKB選抜総選挙で結婚宣言をしたNMB48の須藤凜々花さんを見て感じたことや、表現にまつわるお話。

向山です。


政治の世界はキナ臭いですが、
アイドルの世界は、
見えない枠を破る革命が
求められているようで。


エンターテイメントの世界は、
表現することがビジネスである以上、
「現状維持」「伝統を重んじる」だと、
つまらないから飽きられるんですよ。

つまらんものに金を落としたく
ありませんよね?

肯定的に思われようと、
批判的に思われようと、
波風立ててでも、
面白がってもらってナンボです。

面白がられることは、
面白さを人々の提供しているので、
面白さに価値を感じてもらい、
対価を払ってもらうわけです。

エンターテイメントのビジネスは、
面白さをいかに表現するかで、
価値が決まってきますよね。



私たちがいる
情報ビジネスでもアフィリエイトでも、
書いて表現してビジネスが成り立つので、
つまらないのがあかんのですよ。

他人と同じように読めてしまったら、
価値は無いに等しいです。

「そんなこと、俺にもいえるよ」
だなんて思われたらダメです。


「自分の思いと考えを自分の言葉で語る」

「自分にしかできない表現をする」


これってできてますか?
できるように努めていますか?


ビジネスの本質的な部分は
筋を通すべきですが、
表現については、おもしろくないと、
自分の文章を読んでもらえません。

読み手の心に波風を立てられる
文章を書けるようになってくると、
自分を覚えてもらえますよ。



表現ビジネスという共通点がある
アイドル界と私たちの業界ですが・・

AKB総選挙でとつぜん結婚宣言をした、
NMB48の須藤凜々花さんと、
須藤さんを取り巻く状況が、
とっても興味深いんですね。

どう興味深いのかをお話します。


須藤さん本人についてです。

アイドル(=ビジネス)より、
自分と家族(結婚相手)を
大事にすることを決めました。

須藤さんは、
これから起こるすべてのことを
引き受ける覚悟と決意を持って、
結婚宣言をしました。

結婚宣言をしたことで、

同じ48グループのメンバー
48グループを支えるスタッフとスポンサー
須藤さんのファン

に迷惑をかける形になりました。


別の見方をしてみましょう。

もし総選挙で結婚宣言をしなかったら?

マスコミに追い回されて、
フィアンセと須藤さん本人が
困りますよね。

スキャンダルということで、
48メンバーとスタッフが巻き込まれ、
対応を迫られることになります。

ネガティブがネガティブを生んで、
事態は結婚宣言以上に悪化するかもしれません。

ネガティブなことって、
速く増幅しやすいですからね。

どうしようもない状態になって、
須藤さんが最悪な状況で、
48からもアイドルからも
身を引くことになるかもしれません。


須藤さんは、
このままでいくと最悪な状況になると
理解できていたんですよ。

彼氏も結婚も隠したままで、
受身でいるから起こる最悪な状況ですね。

もちろん結婚宣言することも、
悪い状況になることはわかっています。


でも、
何も言わないで隠し通すことで、
最悪な状況になってしまうよりも、
自分の意志をきっちりと伝えて、
けじめをつけたほうがいいと判断しました。

受身でずるずるいく最悪な状況か、
結婚宣言で積極的に引き受けるダメージか、
どちらがいいのか。

須藤さんは、
積極的に引き受けるダメージと引き換えに、
自分の人生とフィアンセとの人生を
選びました。


須藤さんの表情を見てると、
すがすがしいなって思いますよ。


平均的な日本人ってね、
須藤さんのマネはできないんです。

まわりの顔色見て、
自分の思いをロクに言えやしません。

空気読みすぎて自爆して。

そして、他人のせいにするでしょ?

自分の思いと自分の行動を
てめーで決められない自分が悪いですよ。



須藤さんは、
自分の人生を自分で決めて、
自分で考えて、自分で行動してる
じゃないですか。

この先起こる未来を引き受けてる
じゃないですか。

そして、自分の生き様を、
いまはアイドルという形で
表現してるじゃないですか。

自分で考えた自分の言葉で、
ハッキリと結婚の意志を
伝えきりました。



須藤さんがいま現在は、
「自分で考えて行動するアイドル」で、
つまらなくなってきた48グループの枠に
風穴をあけましたよね。

48グループに波風を立てましたよね?

おもしろくなりましたよね、これで。

あとになってみたらきっと、
48グループに貢献してますよ。


2017年の総選挙のキャッチフレーズは、


まずは戦おう!話はそれからだ


須藤さんは、
自分と戦い、世間のアイドル観と戦い、
結婚発表後に覚悟を決めて、
これから私たちにいろいろ話して
いこうとしてますよね?

キャッチフレーズ通りです。



京都の隅っこでほえている私が
須藤さんにいえることがあるとしたら。


あなたの選択は、
あなたにとっては正しい。

まわりとはなんとか折り合って、
自分の決意を貫いてほしい。

結婚して48を卒業してからも、
嫌なことがたくさんあるし、
失敗もたくさんあるよ、これから。

でもね。

自分で考える力、
自分で行動できる力があるんだから、
その力をずっと活かしていってね。

嫌なことや失敗から、
はいあがれる力を持ってると思うの。

まわりに流されたり、
人のせいにしない人だと思うの。

だから。

「今」を好きに生きてくださいよ!



ちょいと種明かし。

なぜ今回須藤さんを取り上げたかと
いうと。

トレンドだからというのもありますが、
須藤さんにかんすることから、
自分の考えと言葉を書けるよ!

須藤さんはどういう人かは、
ウィキペディアと、ニュースサイトを
見ればわかるからそんなもん
まとめて書かなくてもよし。

(トレンドアフィリのノウハウ通りの
ブログがおもしろくない理由がこれ)

メルマガ、アフィリエイトという、
書き手としてビジネスをするんだから、
まずは自分の考えをアウトプットして、
読み手の評価をあおいでみようよ。


ということで、
あえてトレンドにのって、
お話しました。


戦いはずっと続きますね。


では!

アフィリエイトで目標を立てなくてもいい

目標倒れで挫折するくらいなら、目標なんか立てなくてもいいじゃんという話。

向山です。



アフィリエイトで月100万円稼ぎます!

年1000万円稼いだら、
一軒家を買います!

稼いだら、○○をします!


メルマガを書くにしても、
ブログを書くにしても、
上に書いたような目標を持って、
作業をされていますか?

もっといいますね。

目標を持つことは素晴らしいことで、
正しいことですか?

ちょっと疑ってみてください。

どうでしょうか?

・・・

・・


実は、私は目標を持っていません。

えっ!?と思われるかもしれませんが、
目標を持ちながら、日々の作業を
実践していません。


だって。

目標を見過ぎると、
現実との落差がありすぎて、
哀しくなって、作業ができなくなるから。

いまの私にとって「目標」は、
ネガティブなものなんです。


だから、いまは目標なく、
いま目の前にあることを、
できる限り精一杯やっています。

目の前のことをこなし続けることに
重点を置いています。



うーん。

きれいにまとまりすぎてますね。



なぜ目標を持たなくなったのか、
理由をお話しますね。


2015年にわたしは大きな病気をして、
手術・入院・治療をおこないました。

38歳のときです。

入院や治療をおこなってるときに、
38年間築いてきた価値観が
くずれ落ちました。


「人生80年時代だなんていうけど、
私は健康な人よりも長くは生きられない
かもしれない。

意外と長生きできるかもしれないけど、
また病気になってしまったら、
寿命は短くなってしまうかもしれない。

5年先、10年先、
私はこの世にいないかもしれない。


だとしたら、私はいま、
何をすべきなんだろう?

何がしたいんだろう?


ビジネスも人生も、
長期的に考えることは、
とてもじゃないけどできない。

残された短めの時間の中で、
私は何がしたくて、
何をすべきなんだろう?」

私は、いま何がしたくて、
何をすべきなのか、
真剣に考え続けました。


で、答えはあっさり出たんですよ。

「遊びたいとか旅行に行きたいとかの
欲はないな。

連れ添ってくれるパートナーがいるから、
恋愛や結婚で焦ることもないし、
少なくとも孤独ではない。


ネット社会の表面的な友だちはいらない。

というか、
リアルの友だちはいらないかも。

みんな仕事に忙しすぎて会えないし。


健康なカラダが欲しいけれど、
完全な健康体にはもうなれないから、
できるだけ健康でいる努力はしよう。

健康でいる努力は、
食生活とか運動とかでカバーできるし。


だとしたら、
やっぱりビジネス。

お金って、人間関係から生まれるから、
お金を取りまく人間関係は大事にしていこう。

お金と人間関係という、
どろ臭いところでもまれてるのが、
ツライこともふくめていまは楽しい。


私ができることとして、
いままでネットビジネスで
つちかってきた経験を、
メルマガを通じて人に伝えていこう。

短く生きるにしても、
長く生きるにしても、
死ぬまでお金はやっぱり必要。


だから。

生きるためのお金の稼ぎ方を、
稼ぐためにどう生きたほうがいいかを、
私が生きているあいだに
必要としてくれる方に伝えていこう。

ビジネスをしていく中で、
やりたいことがあれば、
そのときやればいいんだし。


いまは目の前のやるべきことを、
やれるだけやりきっていこう。

その積み重ねで何かが産まれたら、
それはそれで育てていこう。」


うん。

だから、今の私には目標がないんです。

人生の目標も、
ビジネスの目標もありません。


でも、
生きる信念とビジネスの信念は
あります。

信念は、

”目の前のことをやり続ける”

これだけです。

1日24時間の中から
何かが産まれるので、
何かを産むための作業を、
ずっと続けるのがベストです。



もし、いま「目標」があって、
目標が達成できなくて、
くじけて挫折しそうになっているのなら、
目標を立てるのをやめたらどうですか?

日本人は「目標」が大好きですが、
あなただけは嫌いでいても
いいんじゃないですか?

逆に振ってみましょう。


目標を立てても達成できないなら、
目標なんかいらんでしょ。

目標倒れで挫折する時間なんて
ないですよ?

もったいないじゃないですか、
挫折しているその時間が。

挫折するんだったら、
目標なんか立てないほうがマシです。



そのかわり、「何をやるか」は、
ハッキリと決めてくださいね。

私自身は、当面3ヶ月くらいの間に
何をやるかを決めています。

もちろん、
ビジネスの変化、生活の変化によって、
柔軟に対応して、やることを変えれる
ようにはしています。



長くなったので、まとめます。

・目標倒れするくらいなら
目標なんか立てなくてもいい

・何をやるかはしっかり考えて決める

・いま「目の前のことをやり続ける」
積み重ねだけが何かを産む



目標を立てなさいというのは、
誰かのイチ意見でしかないので、
あなたがどう思ってどうしようが、
あなたが決めて動けばいいんですよ。

目標を持たない生き方も
これはこれでアリなんです。



では!

情報も教材も高くつくからラクなんです

情報教材が有料で高いのは、それなりに理由があって、高い今がオイシイの。

向山です。


この記事を書いている現在は、


情報教材の価格帯:

10,000~30,000円

教材+プチスクールの価格帯:

50,000~150,000円

高額スクールの価格帯:

200,000~300,000円


ですよね?



教材もスクールも高いよ~(泣)
てか、なんでこんな高いの?

とふと疑問に思いませんか?

といいますか、

なぜこの価格帯が相場なのでしょう?

教材もスクールもなぜその価格
でなければならないんでしょう?



もちろん、
タダというわけにはいきませんよ。

なぜ情報を教えてもらうのが
タダではないかというと。

質問されて答えをいうのは、
答える側に時間と手間がかかるからです。

答えという情報を教えるには、
貴重な時間を相手のために使います。

また、時間とお金をかけて苦労して
手に入れて、自ら実践したノウハウを、
タダで教えるには割に合わないです。

だから、ネットでタダでわかる以上の
情報やノウハウを教えてもらうには、
やっぱりそれなりにお金を払って、
教えてもらわなければならないんですね。

情報を教えてもらうのは、
基本有料というのはおさえておくとして。



話を戻しまして。

情報教材の価格が、
なぜその価格なのかという理由です。

たとえば、
Aという教材が19,800円と
価格がつけられているとします。

なぜ19,800円なのかを知るためには、
セールスページを見ます。


ここ数年の情報教材の中身は、
年々ぶ厚くなってきていまして。

昔だったら、pdf50ページくらいでも、
19,800円でよかったのですが、
いまだったら、ぼったくり!
といわれてしまいます。

ぼったくり!といわれないためには、
教材の「量」が必要になってきます。


いまの主流は、
オンライン講座形式ですね。

ということは、
教材の中身はメインは、
パワポのスライド動画になりますよね。

顔出しOKだったら、
ホワイトボードに書いていく
講義スタイルの動画になります。


何本動画が必要でしょう?

動画1本の長さにもよりますね。

動画1本が長すぎると、
視聴者はダレてしまうので、
1本10分程度が適切です。

1本10分以内のときもあるし、
長くても20分が限度ですね。

1本が30分を超えてしまうと、
ダレます。


では、
1本平均10分の動画となると・・・


10本の動画(100分=1時間40分)
→少ない

20本の動画(200分=3時間20分)
→微妙

30本の動画(300分=5時間0分)
→このくらい?もうちょっと必要?

40本の動画(400分=6時間40分)
→このあたりかな・・

50本の動画(500分=9時間50分)
→価格を上げたほうがいいかも


19,800円の教材で、
オンライン動画講座形式でやるなら、
1本10分で40本くらいだと、
つりあいそうですね。

(もちろん、
サポートなど各種サービスを付加するので、
そのサービスの内容も加味します。)


19,800円の教材を販売するには、
1本10分の動画を40本もとらなければ
ならないの?

大変!って思いますか?

会社で従業員と力を合わせて、
材料を調達して機械を動かして、
作った商品をお店まで運んで、
店で売ってもらうよりは大変ではないですよ?


あっ・・・!


動画を作るのって、
ひとりでできるじゃないですか。

動画が1本10分だったとして、
パワポを書いて撮影するのに30分、
編集時間は30分くらいかかるとしたら、
動画1本仕上げるのに1時間です。

40本の動画なので、40時間かかります。

40時間は、実は2日かかってないです。


動画を作るよりも時間がかかるのは、
セールスページの作成ですよ。

ここに一番時間がかかります。

セールスページの出来次第で、
売れるかどうかが決まってくるので。

でも、
セールスページに時間をかけるとしても、
1ヶ月もあれば十分でしょう。

おおよそ仕上げてしまえば、
あとはその都度修正していけばいいので。



何がいいたいかといいますと、


・情報を教えてもらうのも売るのも
基本は有料

・教材は「量」が求められるけど
意外と時間はかからない

・一度作ってしまえば
修正・追加していけばいいだけ


私たちがいる世界って、
ほんとはラクなんですよ~。

教材作りはラクなのに、高値で売れて、
利益はひとり占めできるんです。

商品作り、販売、集客まで
すべて一人でできて、
利益を一人占めできるのは、
この世界の商売だけですよ。

だから、高値で売れるうちに、
教材のコンテンツ作りや
アフィリエイト特典のコンテンツ作りに
いそしんだほうがいいですよね?


えっ、めんどくさい?

それだったら企業さんに
時間と労力をささげて、
責任をとってもらいましょう。

自分で責任を取らない仕事をすれば、
めんどくさくないですよ。


全責任をとってリスクを負うから
教材の作成と販売は高くつきますし、
企業に雇われれば、責任とリスクは、
経営者が負うから、給料は安いんです。

経営者はビジネスの
全責任とリスクを負うという
めんどうくささを引き受けるので、
給料が高いんです。

ビジネスってそういうものですよ。



情報も教材も作る側売る側にまわれば、
高くつくからおいしいよ!

という話でした。


では!