アフィリエイトのライティング:言葉を重ねる

アフィリエイトのライティング:言葉を重ねる

向山です。


メルマガでもブログでも、
メディアを使ってメシを食うならば、
言葉を積み重ねなければいけません。


ネットの世界は、
文字と画像で構成されています。

音声は文字をしゃべったものですし、
動画は音声に画像をのせたものです。

現在は時間の効率化を求められて、
文字で文章を読むのが一番早いので、
電話よりもLINEで連絡してほしい
といわれたりすることもありますよね。

LINEはスタンプがあるにしても、
文字のやりとりです。


何がいいたいかといいますと。

スマホが当たり前の時代になってから、
文字で、言葉で、文章で、
相手に自分の伝えたいことを
正確に伝えなければならないんですね。

正確に、かつ、わかりやすく、です。


自分ではわかってるから
文章を1行だけ相手に送ったとしたら、
相手にとっては「は?」なわけです。

大きな勘違いをしていますよ。



短文は、問い合わせでよくあります。

お問い合わせをいただいたときに、
文字数、文章量が少なかったとしても、
私のほうでできる限り想像して、
問い合わせた方の意図をくみます。

でも、どこが問題なんだろう?
結局何が言いたいんだろう?と
わからなくて、的外れの返信を
してしまうことがあります。


いやいやいや。

メルマガやブログといった、
文章を書いてメシの種を作る方が、
なぜそんな短い文章を書いてくるの?と。

相手にわからない短い文章を
書くの?と。

短い文章で売れますか?

はい、買ってね~(^^)って。

売れませんよね?


ビジネス意識が高いとか低いではなく、
仕事を全うする気があるのかなと
疑問に思うわけです。

ちょっと待って?と。


相手に自分の意図をなるべく正確に
わかりやすく伝えるためには、
ある程度の文章量が必要です。

どれだけ書けばいいといった
決まりはありません。

自分の伝えたいことが、
相手にわかりやすく伝わればいいんです。

文章が長いときもあるでしょうし、
わりと短いときもあるでしょう。

その時々で書いていきましょう。


ちなみに、1行でいいのは、
友だちとのLINEのやりとりや
Twitterくらいです。


どうしたら文章量を多く書けるか?

私が意識しているのは、
脳内で映像化して文章にします。

脳内で文章の一場面が浮かんでて、
その場面を文章に起こすイメージです。


もし文章が短すぎて、
相手をこまらせてしまっている、
相手に全然意図が伝わってない場合は、

「脳内映像を文章にする」

を意識して書いてみてください。

映像化からの文章は、
かなりわかりやすく相手に
伝わるようになっていますよ。



スマホ当たり前時代は、
文章でヒトに自分の伝えたいことを
伝えなければならない時代です。

スマホで文章を読んでもらい、
何かを買ってもらうには、
必要なことを、言葉を重ねて、
相手に伝えるようにしてください。



では!