ひとり塾スタンダードコース特典企画ページのお知らせ<正式版>

重要なお知らせ

ひとり塾スタンダードコースの特典企画ページが、2021年の4月下旬にほぼ完成しました。

 

今回は、特典企画や特典企画ページを作る上で考えたことをお話しします。

 

対象が間違っていた

 

ひとり塾スタンダードコース(以下、ひとり塾)は、20214.1に値上げされましたが、値上げ前にも特典企画ページを制作していました。

(現在は、値上げ前の特典企画ページはパスワード保護で閉じています)

 

 

値上げ前の特典企画の対象とする方は、じつはクラブハウスのユーザーさんでした。

 

でも、クラブハウスのユーザーさんというと、対象が広すぎました。

 

ビジネス軸で語ると、IT系でもリアルでも、桁違いの大きな額のお金を動かすすごい方や、クラブハウスがSNSという性質上、インフルエンサーさんが多く見受けられるように思います。

 

私のような無名で一般で、実績も何もない者が、強者の彼らに提供するものは何もありません。

 

提供できることがかろうじてあるとしたら、弱者のマイノリティからの視点くらいです。

 

ですが、強者の彼らは豊富な人脈がありますので、私と濃くつながらなくても、弱者のマイノリティの視点は得られるでしょう。

 

いろいろと観察した結果、「クラブハウスのユーザーさんは、私のファンやお客さまになる方々ではない。クラブハウスは、異なる世界の人たちとつながり、話をありがたく聴かせていただける場」と悟りました。

 

ですので、特典企画の対象をクラブハウスのユーザーさんにするのは辞めました。

 

対象は似た境遇の方

 

値上げ後の特典企画の対象は、私と似た境遇の方にしました。

 

具体的にいうと、病気や様々な事情から、外で組織に働くことができなくて、家で働きたい意欲的な方です。

 

私と似た境遇の方に提供できることは何だろう?と考えた結果が、現時点での特典やサービスとなっています。

 

特典でサポートサービスを多くしているのは、ひとり塾でノウハウをしっかりと教わるからで、参加者さんの実践を後押しすることに徹するためです。

 

私とつながっていることの安心感から、コンテンツビジネスに迷いなく、真っ直ぐに取り組んでいただきたい思いがあります。

 

未来への挑戦をコンテンツ化

 

それと、特典企画ページの中では何度も「未来への挑戦」というフレーズを出しています。

 

ひとり塾の募集PDFファイルには「未来への挑戦」というフレーズは出ていなかったと思いますが、ひとり塾を端的にいうと、

 

未来への挑戦をコンテンツにする

 

なんですね。

 

稼いだ実績がない、得意なことがない、趣味もない、自分はつまらない人間だ、と思っている方に対して、「そんなことはない。ゼロからでもコンテンツは作れるよ!」とひとり塾の塾長さんは、暗におっしゃっています。

 

ひとり塾では、現時点で何もないないなら、未来に向けて何かに挑戦して、挑戦の過程をつづり、コンテンツ化することをすすめています。

 

「30日間毎日玄関のドアを開けて外に出ること」から収入へ

 

未来への挑戦の具体例は、特典企画ページでは「30日間毎日1kmウォーキング」としましたが、ぐっとハードルを下げて、「30日間毎日玄関のドアを開けて外に出ること」でもいいわけです。

 

私のようなパニック障害や精神疾患の当事者さんにとっては、「外に出ること」自体が、精神的な壁となっています。体調もありますよね。

 

外に出たくても出れない思いは、実感としてとてもよくわかります。

 

「30日間毎日玄関のドアを開けて外に出ること」がコンテンツになるの?と不思議に思われるかもしれませんが、ひとり塾のあり方を理解していたら、コンテンツにできます。

 

外に出たくても出れない方にとっては、30日間の挑戦はその人”だけ”の物語であり、価値があるからです。

 

私も興味があるので、そんなコンテンツがあれば、中身を拝見したいです。

 

そんなコンテンツから、収入につなげるやり方をひとり塾で教われますので、ノウハウ通りに実践していただきたいです。

 

私からひとり塾に参加していただけたら、特典企画で長期間、隣でサポートと応援をさせていただきます。

 

楽、速く、裏技というあやしさを消した

 

それと、特典企画ページを制作する上で意識したのは、極力あやしさを薄めることでした。

 

「楽できるよ~」「速く稼げるよ~」「裏技があるよ~」とあやしく思われることは書いていません。

 

収入を得るのに、速く、楽に、裏技なんてなくて、地道にコツコツと続けていくしかないんだな、というのは、情報ビジネス業界に10年以上いて感じることです。

 

コンテンツを作るには、脳に汗をかき、キーボードを叩く手にも汗をかきます。

 

正直に書かないと思いが伝わらないので、セールスページに書いたほうがよいとされる「楽」「速く」「裏技」の要素はバッサリと切り落としています。

 

ですので、特典企画ページを読むと、ふわっとした感じで、きれいごとを言ってる印象があるかもしれません。

 

あやしさを消しているので、楽して速く裏技を使って稼ぎたい金銭欲が強い方にはぜんぜん響かない特典企画、および特典企画ページとなっています。

 

意欲的で真面目でコツコツと地道に実践する方を意識した特典企画となっています。

 

 

長くなってしまいましたが、ひとり塾スタンダードコースに、私から参加していただけたら受け取れる特典企画をチェックするには、下記リンクをクリックしてご覧ください。

 

→ひとり塾スタンダードコース特典企画「家に城下町」

 

 

 

関連記事