副業が解禁されても雇われる気?

副業が解禁されても雇われる気?

向山です。


副業に関して、えっ?!と驚く記事が
ありまして。

「副業OK」はむしろ我らに犠牲を強いる
2016年12月9日
プレジデント・オンライン


副業が解禁されたとしたら、
また別の会社に雇われて働くことが
前提になってるんですか?!

うっそーん。

考えられん。

いやいや、副業=自営=個人事業主
じゃないんですか?

また、副業→収入増→独立=自営
じゃないんですか?

サラリーマンの収入では足りなくて、
雇われるのもコリゴリだから、
独立志向で副業するって思ってました。


記事によると、
「副業は自分を守ってくれない」
と書かれていますが、自営なんだから、
すべて自己責任なのは当たり前ですよ。

もーけるももーからないも
自己責任である代わりに、
やりたいことを副業にして、
自営としてやるんですよね?


私は専業でビジネスやってますけど、
自分で自分を雇っていますし、
どんな結果になっても自己責任だと
当たり前に思ってます。

自分で責任を取るリスクを負うから、
自由にやれてるんですよ。

迷惑がかかるのは自分だけでいいのは、
私にとっては気が楽です。

誰にも迷惑かけないで、
自分次第なのは精神的に楽です。


サラリーマン的思考になると、
責任は自分にはないから、
依存体質になっちゃうんでしょうかね。。

副業も社長さんの会社に雇ってもらって、
責任を社長に押し付けるんですかね?

まさかね。


副業やるなら、はじめから個人事業主だし、
自分と家族を養える継続的な収入があれば、
独立する気でやらないといけませんよ。

自分も家族も俺が守るという
強い気持ちで取り組まないと。


すべては自分の責任だけど、
責任を取るリスクを負うから、
自由に好きにやる。

自分が自由にやることで
他人に価値を感じてもらった対価として、
お金を受け取る。

サラリーマンからビジネスへの
マインドの書き換えが必要ですね。


間違っても、
副業で雇われようとは思わないように。

雇われたら、本当にもーかるのは、
雇い主ですからね。


では!