JINS PC度入りHEAVY USEを店舗で買って効果がジワジワ

JINS PC度入りHEAVY USEを店舗で買って効果がジワジワ

向山です。


私はふだんメガネっ子でして、
常にメガネをかけています。

裸眼だと視界がぼやけて歩けないほど
見えなくはないですが、
細かい文字は近づかないと見えません。


メガネは二本持っていまして、
1本は遠くが見えやすい外でかける用と、
もう1本は家でかけていて、
パソコンやテレビを見る用です。


今回新調したのは、
家でかける用のメガネです。

なぜ新調したのかというと、
長時間パソコンを見ていると、
頭がぼーっとして、こめかみあたりが痛くなる
眼精疲労に悩まされていたからです。


液晶ディスプレイにも、
ブルーライトカットのカバーをかけてますが、
メガネをブルーライトカット対応にしないと、
目の酷使に耐え切れないと感じてました。

目薬やめぐりズムのお世話になるのは
もう限界でした。。


WEBビジネスをしているのであれば、
「目」も大切な商売道具なので、
よくいわれるところの自己投資で、
「目」を守る必要があると思いまして。

脳ミソを強くするだけが
自己投資ではないですよ~。

身近に使うものに投資するのも、
ほんと大事なことですので。

そういや・・・と思い出し、
ブルーライトカット対応のメガネを買おうと
決めました。

JINS PC度入りを店舗で買ってかけてます


JINS PC VS. Zoff PC


ブルーライトカット対応メガネといえば、

JINS PCとZoff PC

が2大勢力という知識があったので、
ぐーぐる先生におたずねしまして。

家でしかかけないので、
フレームのデザインにはこだわりはなく、
ガチで機能重視でいこうと。

Zoffはフレームのデザインがいいですが、
個人的にはうーん・・どうかなあと。

ということで、
JINS PCのほうが機能がいいらしいので、
JINS PCを買おうと決めました。

JINS PCは3種類から選ぶ


JINSにはオンラインショップがあります。

→JINS公式販売サイト

サイトを見るとJINS PCは3種類。

・DAILY USE
・NIGHT USE
・HEAVY USE

パソコン・スマホを長時間見て作業するなら、
HEAVY USE一択ですね。

(作業以外でも家でよくスマホを見てるので、
日常用でDAILY USEも1本持っておくと
なおいいかも)

度付きのメガネがほしいなと見ていると、
店舗で出向いて買わないといけないとわかり、
バスに揺られて実店舗に向かいました。

JINS店舗でフレーム選びに悩む


JINSの店舗で、
JINSPCのコーナーを見てましたが、
これは度付きでよいのかしら?と疑問に思い、
店員さんに声をかけまして。


私:

度付きのHEAVY USEが欲しいんですけど、
このコーナーから買うんですか?

店員さん:

いえ、そちらだと価格が高くなるので、
こちらのカスタマイズで買ったほうが、
おトクですよ。

フレームを選んでいただいて、
視力検査をして、合わせることになります。

私:

メガネはすぐに買って持って帰れるんですか?

店員さん:

HEAVY USEは人気がありまして、
取り寄せとなりますので、
お渡しには1週間かかります。

その日にお渡しできるのは、
度なしのメガネになります。


ふむふむ・・。

店員さんの話をまとめると。

・コンタクトをしていて、
度なしのJINPCなら、
その日に持って帰れるらしい

・度付きのJINSPCは、
カスタマイズで買ったほうがオトク


ということで、
カスタマイズコーナーで、
フレームを物色することに。

フレームは黒にしようとしてて、
サイズやべっ甲にするかなどで悩み。。

スマホを見るために視線を下に落とすので、
レンズのサイズは広くして。

黒のべっ甲にしようとしましたが、
外用のメガネと区別がつかないと困るので、
うっすらネイビーが混ざってる黒にして。


15分くらい悩んで、店員さんを呼んで、
「これにします!」と伝えて、
レジの横の受け付けに行って、
受け付けの紙に名前を書いて。

外用のメガネを渡して、
前もって度数をはかってもらうことに。

視力検査は順番待ちのようで。


店員さん:

この時間の10分前くらいに
こちらに来ていただけると、
スムーズにできますので。

私:

わかりました。
そのへんでヒマをつぶしてます~。


外用メガネを受け取り、店舗を離れて、
近くのアパレルショップで
ウィンドウショッピングで服を見てました。

あ・・・、ここはイオンです(笑)

イオン内のJINSの店舗です。

視力検査でレンズを微調整


受け付け時間の10分前に店舗に行って、
待合いスペースにちょこんと座って、
置いてある雑誌をぺらぺらと流し見してました。

雑誌を見たり、ぼーっとしたりしてたら、
○○さーん!と呼ばれたので、
視力検査の場所に行き、
例のモニターの前に座りました。


店員さん:

いまお使いのメガネは、外用ということで、
度数がきつめになっています。

PCメガネだと度数は少し下がります。

では、モニターのこの部分にアゴをのせて、
前を見てくださいね。


モニターの画面で映るものを見ながら、
レンズを微調整していきます。

それと、ボール紙でできた、
ペラペラのノートパソコンの模型があり、
パソコンと目の位置もチェックしました。


レンズの調整を終えて、
私のHEAVY USE×度付きJINSPCの準備が
できました。

レジでお買い上げ~。


JINSカスタマイズ

度付き+HEAVY USEのレンズ代

2160円×2=4320円

フレーム 6372円

合計 4360円+6372円=10692円(税込)


安っ!

メガネというと、
2万円はかかると覚悟してきたので、
安くて助かりました。。

フレームにこだわると高いんでしょうけど、
ガチで機能重視なので、これでおっけーです。

一週間後にJINSPC到着


一週間後・・

ふたたびJINSの店舗に行き、
できたメガネを受け取りました。

横フレームの調整を少しきつめにしてもらい、
サービスのメガネケースといっしょにゲット。


使用後2週間の実感


・頭がぼーーっとしない。

・こめかみあたりが痛くならない。

・視神経を酷使して、
凝視してモニターを見てない感じ。

・目にやさしくなったかも。

・眼精疲労がやわらいだ感じ。


といった感じで、
ほんとにいいお買い物しました。

うん。

横フレームをきつくしすぎた感がありますが、
今度イオンにいったときに直してもらえば
いいかなと。

この記事を書いているのも、
もちろんJINSPCをかけながらです。

脳ミソへの自己投資はとーぜん


話は自己投資に戻ります。
言いたいのはそこなので。

さっき「脳ミソに自己投資」と言いましたが、
これはいろんな人から言葉を変えて、
嫌ってほど聞かされてると思います。

私ももちろん
「脳ミソに自己投資せなあかんで!」
といいます。

ていうか、
そんなん当たり前でしょ!と断言します。

メルマガという
文字がメインのビジネスをしてるなら、
文字は言葉から、言葉は脳から出されるので、
やっぱし脳ミソは鍛えなあかんのです。

だから広範囲で浅くでもいいので、
いろんな知識や言葉を脳ミソに
ぶっこんで入れていく必要があります。

脳ミソに入ってるモノ以外の知識や言葉は
どうがんばっても出てきませんから。

かといってアウトプット不足になって
インプットの便秘はよくないので、
ちゃんと脳ミソから棚卸しして、出力して、
他人の目にさらしていきましょう。

脳みそ以外の自己投資も必要だ


でも。

脳ミソ以外にも自己投資は必要です。

どこに必要かというと、
ひとつは「己のカラダ」です。

(もうひとつは、
使うデバイスなど「身の回りの環境」)

目を酷使するならブルーライト対策。

長時間座っているならば、
長時間お座りしても腰を傷めないように
デスクチェアや座椅子を準備して。

運動不足対策には、
脳ミソ活性化も兼ねてかる~くウォーキング。

そんな脳みそ以外の自己投資をして、
準備を整えることも「仕事」です。

ちゃんと準備をしてますか?



ということで、JINS PCの使用感からの、
脳ミソ以外の自己投資の必要性でした。

「脳ミソ以外の自己投資の必要性」の知識を、
あなたの脳ミソに入れてくださいね。


では!