社会貢献より経済的自立が先

社会貢献より経済的自立が先

向山です。


せちがらい世の中だから、
一人でも社会的に弱い人たちを救うべく、

俺は!!立ち上がるんだ!!

立派に社会貢献してみせるんだ!!!

と勢いよく立ち上がる方が
いらっしゃいますが。


悪いとはいいませんよ。


じゃあその社会貢献するための資金を
どこで調達するんですか?と。

志が高いだけでは、
とてもとても資金が集まりません。


そうだ、
クラウドファンディングをやろう!

という資金を集める手段が、
最近はありますよね?


でも。

クラウドファンディングで
寄付をしてくださった方の資金は、
自分の収入には直結しません。

あくまでも、
社会貢献のミッションを達成する
ための資金です。


クラウドファンディングで寄付を集めて、
社会貢献活動をするのはわかった、

じゃあ、資金集め以外のお金、
たとえば生活費はどうするの?と。


えっ・・・


NPO法人(非営利団体)や
社会起業系のビジネスは、
公からの補助金や寄付というしばりがあるので、
実は不自由なんですよ。

得たお金を自由に使えないし、
お金の使い道を報告しなければならないし、
活動もその都度伝えなければいけません。

いろいろしばりがあるんですね。


だから、NPO法人や社会起業を
ビジネスとしてやろうとすると、
どうしても制約が出てきちゃうんです。

で、大きく収入は伸ばせませんよね。
活動に制限があるから。


私も大昔にNPO法人や社会起業を
志したことがありますが、
自分の生活をどうしよう?という
深刻な悩みがあったので、あきらめました。


社会貢献は、
ある程度の収入があるのを前提として、
その一部でやればいいじゃん

と思うようになりました。


また、「社会的に弱い人たち」の問題は、
表面的な問題を解決するだけでは、
本当に解決はできません。


社会的に弱い

→お金を思うように稼げない

→お金の収入がある程度あれば
解決できる問題がたくさんある

→お金の稼ぎ方を教えて
経済的に自立してもらう


福祉サービスのサポートを受けるにしても、
やっぱりお金がかかってしまうんですよ。

だったら、
経済的自立をしてもらうために、
お金の稼ぎ方を身につけていただくのが、
手っ取り早いはずなんです。


もちろん、
稼ぎ方を無償で教えるのはダメです。

学校と同じように、「授業料」として、
対価はいただかなければいけません。

無料で学ぶよりも、
身銭を切って学んだほうが、
覚悟を決めているので、
学びと成長が速いんです。


すべて自分一人で、一人の責任で、
ビジネスができるのは、
やっぱり、メルマガビジネスです。

自分で社会的に弱い立場と感じているなら、
なおのこと、果敢に取り組んでほしいです。


アナログな企業は組織なので、
自分だけ責任ではなく、連帯責任だし、
もらえる給与は変わりませんし。

また、社会的に弱いからといって、
その方たち向けの施設で働いて、
安い賃金で甘んじてはいけないんです。

その施設でも組織ですから、
連帯責任で人間関係がわずらわしいですし。


ネットだと社会的に弱いは関係ないので、
堂々とすべて一人で責任と覚悟の上で、
好きな時間に、自由にビジネスを
やっていきましょう。

そして、経済的に自立して、
お金で解決できる問題が解決できたら、
かつての自分の立場の方に、
あなたの経験と知恵を教えることで、
対価をいただきましょう。

いや、
全然違うビジネスに取り組んでも
いいでしょう。

税金をおさめるだけでも、
じゅうぶん社会貢献ができてるので、
それ以上に貢献するかどうかは、
あなた次第なんですね。



話がぐるぐるとまわってしまったので、
まとめます。


・社会貢献をする以前に
自分ひとりの力で経済的自立をする

・社会的に弱い立場の方には
授業料をいただきながら
お金の稼ぎ方を教えることが
最も喜ばれる


私自身は、
お客さんに成果を出して頂きたいので、
自分の素性はあまり話していません。

素性を話すと、どちらかといえば、
社会的には弱い立場のカテゴリーに
入ります。


でも、メルマガビジネスに
真っ直ぐに取り組んでから、
自分の中で変化が起きました。

悲愴感はもっていないし、
被害者意識はないし、
社会も誰も責めてはいません。

何かのせいにしたら、
一瞬で思考停止になるので、
怖いんですよ。

ビジネスができなくなっちゃいます。

すべては私の責任で、
いまの道を選んでます。

そして、
私を必要としてくださる方が、
必要なお金を手に入れて、
経済的自立と精神的自立を
果たして欲しいと願っています。


では!