kindle Meisterを手にした理由

2022年9月1日から発売されたkindle MeisterのBASIC版を先日手にしました。

kindleMeisterはキンドル出版のノウハウで、BASIC版はコンテンツのみの販売、PREMIUM版は出版の全面バックアップサービスの販売となっています。

ノウハウ系の教材を手にしたのは、今年になって初めてです。

今回は、なぜkindle Meisterを手にしたのかという理由をお話しさせていただきます。

kindle Meisterを知るきっかけ

kindle Meisterを知ったのは、販売にかかわっていらっしゃる方のメルマガです。

販売者さんではなく、販売プロデューサーの立場の方です。

キンドル出版のノウハウはたくさんあるけれど、最新情報を入れつつ時間をかけてノウハウを作ったので大いに自信アリ!との太鼓判でして。

プロデューサーさんですから猛プッシュするのは当たり前ですが、自信があるからには、販売ページと中身のコンテンツの質が高いものでなければいけません。

プロデューサーさんは、長年メルマガを読ませていただいてまして、購入者さんやメルマガ読者さんに対して、誠意のある姿勢をずっと貫いていらっしゃるので、個人的には信頼しています。

それでも、買う、買わないは、自分にとって必要かどうか、販売価格はどうかが気になるので、販売ページをじっくりと読ませていただきました。

販売者さんと同じコミュニティに参加しています

販売者さんは、後藤あゆみさんです。

キンドル出版クリエイターとしてご活躍されています。

え?

ん?あゆさん?

あゆさんってあのあゆさんだよね?

ホントだ、あゆさんだーーー!

と驚きまして。

 

実は、あゆさんは、お世話になっているアフィリエイターさんのオンラインコミュニティに参加されています。

つまり、同じコミュニティに参加させていただいています。

コミュニティ内では、接点を持ったことはなかったのですが、

キンドル出版にめっちゃ強い

ことは知っていました。

販売者さんから高速でメッセージをいただきました

あゆさんは、ココナラでプラチナランクを持ってらっしゃるとのことで確認すると、実際にプラチナランクを保有されていました。

キンドル書籍の表紙デザインを作るサービスを出品されていて、販売ページにある通り、素敵な表紙の作成例がたくさんありました。

応援の意味と、いつかキンドル出版でお世話になるかもしれないと思い、あゆさんのココナラのプロフィールにある

フォローをポチ

と押したんです。

なんと翌日に直接メッセージをいただきまして。

あゆさん仕事が速い!

kindle Meisterを手にした旨をお話しさせていただきました。

購入者さんへの全面バックアップの対応が大変そうなのに、ココナラと兼ねて大丈夫なのかな?と余計な心配をしましたが、あゆさんならきっとやってのけるのでしょう。

kindle Meisterを購入した理由

あゆさんがキンドル出版に深くかかわり、多くの方の表紙を作り、ご自身でも著書を出版されて、感じたことが、販売ページに書かれています。

総じて、書籍を出版することによって

自分と自分が関わっている世界を知ってほしい

という、人に宿る根源的な願いや期待があるように思うのです。

そう!

そうなの!

私がkindle Meisterを手にしたのは、

自分と自分が関わっている世界を知ってほしくて
自伝を書いてキンドル著者になりたいから

なんですね。

キンドルはブランディングや集客に使えるのは知ってるけど、私がキンドル書籍を書いてみたいと思ったのは、ビジネス以前の理由なんです。

私自身のこと

私が見てきたこと

私が経験してきたこと

を日本の誰かに伝えたいんです。

性同一性障害(トランスジェンダー、LGBTQ)

パニック障害

卵巣がんサバイバー

という3つの属性が交差する日本人は私だけだと思います。

そんな私の数十年を伝えるには、ブログでもいいのですが、半永久的に残るであろう出版の形で残して、誰かに伝えたいんです。

ホント、1人でもダウンロードしてキンドル書籍を読んでいただければ、十分なんです。

kindle Meisterがあれば、キンドル出版のすべてが書いてあるので、マイペースに執筆から出版まで進めていけそう、と思いました。

私も本棚に並ぶ著者の1人になってみたい

それと、自慢に聞こえたら申し訳ありませんが、今までの人生で1000冊以上の書籍を読んできました。

ビジネス書、心理学、哲学、評論などなど。

普段、パニック障害で家に引きこもっている私には時間があり、体調がよい時は本を読み続けてきました。

最近はYoutubeを見る時間が増えてしまいましたが、やっぱり活字が大好きで。

私も本棚に並ぶ著者の1人になれたらなぁ、なんてぼんやり思っていました。

でも、キンドルの出現により、誰でも著者になれるんだから、私も著者になれるじゃないって。

紙書籍の著者にならなくてもいいから、キンドルの著者でいいじゃんって。

活字が大好きな私が、著者になるってそれだけですごいじゃんって。

アマゾンの本のカテゴリーに自分のキンドル書籍が並ぶなんて夢のよう、いや、現実にしたいです。

kindle Meisterがあればできそうだなと思えるほど、ノウハウの中身はしっかりしています。

憧れの「著者」になる理由で出版してもいいじゃない

ということで、私がkindle Meisterを手にしたのは、自伝を書いて著者になってみたいからという理由でした。

コンテンツの中身を読むとわかるのですが、出版できるジャンルは多岐にわたります。

ビジネスだけでなく、私が書きたいような自伝だけでなく、得意なことや趣味など、あなたにも出版できそうなジャンルがあると思います。

ブランディングも集客もできるけど、

憧れの著者になる

そんな目標ををkindle Meisterは叶えてくれます。

自分で執筆して出版までやってしまおうという場合はBASIC版

執筆だけしてあとは出版チームに丸投げしたい場合はPREMIUM版

がふさわしいです。

私は金銭的な理由と、マイペースに出版まで進めたいという理由からBASIC版を購入しました。

キンドル出版に少しでもご興味があるならば、下記ボタンをクリックして、販売ページを読んでみてくださいね。

注意:先行販売期間は9月30日23:59までです。