メルマガアフィリエイトのやり方は300年前から同じ

メルマガアフィリエイトのやり方は300年前から同じ

向山です。


アフィリエイトは
ブログから始めるもんだぞ~

と100%思いこんでいたのは、
実はつい最近までの話です。

メルマガビジネスは300年前からあるビジネスモデル


ぐーぐる先生におうかがいしても


アフィリエイト+「ブログ」

と予測ワードで出てきちゃいます。

アフィリエイト+「サイト」も
検索候補に出てました。

アフィリエイトのやり方は変わってないてない


といいますか、
速くめまぐるしく
ネット環境が変わり続けているにも関わらず、
アフィリエイトのやり方って・・・

変わってないの?!

・・・

変わってないですね。

ブログから始めると1週間で挫折する


ナンチャッテな教える側にしても

アフィリエイト初心者さんわー
ブログから始めましょう(^0^)

だなんて発信してるんですから、
初心者さんはすぐに挫折します。

ブログにバナー貼るだけで稼げないことに
ショックを受けて、あっさり挫折します。


私はショックを通りこして、
アホみたいにブログにこだわり、
5年も挫折し続けてしまいまして。

ここまでくると石頭のバカちんですね(笑)。


アフィリエイトというか、
WEB全般のビジネスは、
ブログから始めたらあかんですよ?

1週間もしないうちに挫折しますよ?

いや、これ、だいぶあたってますよ?

それで稼げる方法はねーかーといって、
ノウハウ集めに走っちゃうんですよ?


ダメダメ。

私のような石頭のバカちんに
なってはいけませぬ!



アフィリエイトにしても
ネットビジネスにしても
「ビジネス」なんだから、
どこから始めてもいいですよね?

すべて自分の判断でできるので、
好きにやればいいんですよ。

失敗したって、大きく借金を背負わないし、
時間と労力をロスするだけなんですから。

300年前からあるビジネスから始めてみる


だったら。

江戸時時代からある
顧客リストビジネスの現代版である

メルマガビジネス

から始めましょうよ。

300年以上も前からある
息のなが~~~いビジネスモデルですよ?

お客さんの
メールアドレス(顧客情報)を集めて、
メルマガでお客さんにセールス(商い)を
するモデルです。

顧客情報は「大福帳」に書かれていて、
特殊なこんにゃくで作った紙を使っており、
墨で書いた文字が消えにくかったそうです。

大福帳はこんなのです。


顧客リストを使ったビジネスモデルは
300年もずっと生き残ってるんですから、
ネット環境がめまぐるしく変わったって、
びくともしませんって。

いまもなおもちろん現役です。


使っているのが、

大福帳⇒
メルマガ配信スタンド

に変わっただけで、
ビジネスとしてやってることは
おんなじです。

大福帳ビジネスの大きなメリット


そうだよなぁ、
ブログアフィリエイトよりも
はるかに長く続いてるビジネスのほうが、
先につなげられるよなあと理解しまして。

5年の思いこみであるブログ始まりを捨て、
300年以上続く大福帳ビジネスから
始めることを決めました。


ブログの読者は大福帳に書けないけど、
メルマガの読者は大福帳に書けます。

それがメールアドレスだけだったとしても、
立派な顧客情報です。


そして、
大福帳に書かれているメルマガ読者さんに、
2回以上アプローチをすることが可能です。

これって実はすごいことなんですよ。

比較すると、
ブログでは同じ人に2回以上
アプローチすることは難しいです。

ブログは問題解決のために検索されて、
答えがわかったら、そこで終わりですので。


そんな大福帳ビジネスが長生きしてるのに、
ネット環境のめまぐるしい変化で
ビジネスモデルも変わっちゃうと
私は勘違いしていました。

しかし今では、大福帳ビジネスを、
メルマガ配信スタンドを使ってやってるだけ
と本質的に理解しています。

大福帳ビジネスにおけるブログの役割


ブログはないよりもあったほうがいいですが、
ブログの役割は、大福帳に名簿を集める、
要するに、メルマガ読者を集めるために、
存在させてください。

いま、ブログ「で」セールスしても
全然売れませんので。

経験上、ほんとに売れないですから。

あくまでも
大福帳に読者さんのアドレスを
書きこむためだけに、
ブログを使うようにしましょう。


そして
メルマガ配信スタンド(大福帳)にある
メールアドレスの読者(見込み客)に向けて、
メルマガでセールスしてくださいね。

そのほうが売れますんで。


まとめ


ブログがメジャーになったのは、
2000年代に入ってからです。

ブログアフィリエイトは、
まだ10数年くらいしかたっていない、
不安定でグラグラなビジネスです。

でも、
大福帳を使った顧客リストを使うモデルは
300年以上の歴史があって息が長く、
現在はメルマガと形を変えて、
1990年代後半からある安定したビジネスです。


あなたはブログと大福帳の
どちらを選びますか?


もちろん後者ですよね?

息が長いビジネスモデルほど、
成功している方も多いですし、
成功例も多いですから。


だったら迷わず大福帳でぃ!

ということで。