情報を受け取る当事者から発信者に変わるとき

情報大氾濫な世界で情報感度を上げるにはどうしたらいいか。

向山です。


情報の受け取り方は、
2通りのいわれ方がしますよね?


1)「情報にはたくさん触れなさい」

2)「他人のSNS・ブログ・メルマガは
見ないで、私から発信する情報だけを
見るようにしてください」

2つをいいかえると、

1)は浴びるほど情報を受け取ることで、
自分の情報を見る精度を上げられます。

2)は、悪い言葉でいうと、

「ほかの一切の情報を見ないで、
私だけを見て、私に洗脳されなさい!」

ですね(笑)

情報を受け取る当事者から発信者へ


2)についてお話しますね。


メンターや指導者だけの情報を見るのは、
自分にとってよいのか?悪いのか?
という疑問にぶちあたります。

メンターも指導者もいなければ、
ネットビジネス系の情報を
シャットアウトするのがよいのかどうか。

自然と感情が揺られるなら受け取らない


ノウハウコレクターを5年やった
私の答えは、

他人の情報を見て、
教材(商品)を見こみ客として
欲しい、買いたい感情になるのであれば、
情報を意図的に見ない

です。


教材を買いたい感情になるのは
どんなときかといいますと、
教材のセールスページを見て、
自分が「当事者」でいるときです。

セールスページに、

「・・・で不安ですよね?」

「・・・すると月に10万・・・」

「自由な生活を・・・」

というフレーズを見たときに、

不安な感情をいだき、
月10万円ほしいと思い、
現在の不自由な生活に不満を
無意識に、自然と浮かぶ状態です。

ネガティブな心理状態になるときは、
セールスページの受け手として
「当事者」になってるときなんですね。



不安だ
お金がない
不自由だ

こんな感情が自然と浮かぶときは、
無理やりにでも立ち止まるんです。

ひと呼吸おくというか。

ん?ちょっと待てよ?と。

そうすると、セールスページや、
他人の情報を冷静に見ることができます。

そして、
セールスページや他人の情報を見て、
ネガティブな心理状態になるときは、
意図的に情報を見ないほうがいいです。

発信する作業を続けると


そして、
情報の受身なインプットをやめて、
地道な作業というアウトプットを続けます。

・アフィリエイト特典を作る

・メルマガの原稿を書く

・ブログ記事を書く

やることはこの3つですよね。

この3つのうち、
1つでもやり続けます。

目安は3週間です。


そうすると、
情報への向き合い方が変わります。

どう変わるかというと、

情報を受身で受け取って、
感情が揺さぶられる当事者から、
情報をネタにして料理して、
自分の言葉で書く発信者

に変わります。


自分の言葉で書いて、
アウトプットする立場

情報を自分から発信する立場

に変わると、
不思議と情報の受け取り方も
変わるんです。

発信者と販売者の行動の理由を探す


情報の受け取り方は、

情報発信者は何の目的で
こんなことをいってるのかな?

販売者はなんで教材を
セールスしようとしてるのかな?

と発信者と販売者の意図を
考えるようになってきます。

情報の内容はもちろん見ますが、

なぜ情報を発信するのか?
なぜ教材を売るのか?

という、
行動の理由を考えるようになります。

情報を浴びるほど受ける段階


情報を受け取るときに、
発信者や販売者の行動の理由を
探るようになったときが、

1)「情報にはたくさん触れなさい」

の段階に進むタイミングです。

自然と感情が揺さぶられる
受身で情報を受け取る当事者から、
発信者や販売者の行動の理由を探しつつ
自分が発信するための情報を受け取る立場に。

自分が情報を発信するときの
ネタ探しで情報を見るようになった時が、
浴びるほど情報を受け取ってよい段階です。

まとめ


まとめます。

・他人の情報やセールスページを見て
自然と感情が揺さぶられる当事者の時は
情報を意図的に見ない

・情報発信者や教材販売者の
行動する理由を探るようにすると
情報を受け取るときに冷静になれる

・他人の行動する理由を考えながら
自分が情報発信するときの
ネタにするために情報を受け取れるなら
たくさん情報に触れていい



5年のノウハウコレクターを卒業
できたのはいくつか要因がありますが、

情報を受け取る姿勢を
無理やり変えたから

という要因があります。

受身の当事者→攻める情報発信者

当事者から発信者になれるかどうかが、
結局のところ、稼ぎにつながりますね。



どうぞ、ご参考に!

アフィリエイトでノウハウコレクターを卒業するヒント(2)

アフィリエイトでノウハウコレクターを卒業するヒントその2です。買ったことを忘れる?それって何?というお話。

向山です。


以前の記事で、
ノウハウコレクターを卒業するには、

・ビジネスの軸を1つにしぼる

・今までの知識や経験をナシにして
ノウハウに真っ直ぐに取り組む

・教える側にまわる

・販売者視点でノウハウを見る

を意識して実践することを提案しました。

買った事実を忘れる


今回のお話では、
4つ目の「販売者視点」を
さらに深堀りして、

・買ったことを忘れる

・お客さんであることを忘れる

・消費者・購入者視点を捨てる

という3点を、
ノウハウコレクター卒業のヒントとして、
付け加えます。



買ったことを忘れる?

自分から記憶喪失になるん?

はぁ~?!

と疑問の声が聞こえてきそうですが、
「その通りです」とお答えします。

教材を買ったことに依存


かつての私がそうだったのですが、
稼げない期間というのは、
いつまでも「教材を買ったこと」に
しがみついてしまうんですよ。


教材依存、ノウハウ依存といいますか。


教材を身銭を切って買ったんだから、
支払った分だけ教材ノウハウが
自分を稼がせてくれるんだ!

こんだけ払ったんだから、
ノウハウを実践すれば稼げるんだ!

こう思ってしまうと、
ノウハウコレクターの階段を
実は一段登ってしまうんですよ。

ワル子なノウハウコレクターが完成


で、
教材・ノウハウ依存が続くと、
階段をどんどんかけ登っていき、
実践しないわ稼げないわの
ノウハウコレクターが完成します。

かつての私は、
完成したノウハウコレクターでしたよ(笑)。

のぼってきた階段すら
見えなくなるくらいの。


単純にお馬鹿でしょ?

もうね、
いい子ちゃんだったんですよ。

教材を買いさえすれば、
ノウハウを買いさえすれば、
稼げるって。

いい子すぎるとワルになりますよね。

だからワルな子を5年もやり続けました。


そんな完成されたワル子ちゃんな
ノウハウコレクターを卒業するために、
考え方を変えたんですよ。

ワル子ちゃんはいやじゃないですか?

買ったことを忘れました


どう考え方を変えたかというと。

教材・ノウハウ依存したことを
忘れました。

ノウハウコレクターの階段を
のぼってきたことを忘れました。

教材を買ったことや
塾を買ったことを忘れました。

要するに、過去に「買った事実」を
現在に持ってくるのではなく、
本当に過去に置き去りにしました。


買った事実は否定しません。

教材の販売者さんが、
私のために脳に大量の汗をかき、
コンテンツを作ってくれたことに
敬意と価値を感じて対価を支払いました。

その対価を支払った事実は否定しません。

私のその時の感情や状態が、
購入という行動に動いたからです。

それはそれとして肯定します。

自分「が」主体になる


ですが、
考え方を変えたのは、
購入したその後です。

買った事実にずっとしがみつくのを
やめました。

販売者さんが、
自分を稼がせるのではありません。

教材やノウハウが
自分を稼がせるのではありません。

私が、自分の力で考えて、
自分の状況や環境に、
教材やノウハウをカスタマイズ
しなければならないとわかりました。


稼ぐのは、他の誰でもなく自分自身です。

大事な視点なので二度言います


だから、

私も販売者さんと同じように、
脳に大粒の汗をたくさんかいて考えて、
教材ノウハウを参考にしながら、
自分のノウハウを作らなければならない

買ったことにしがみつくのではなく、
自分が売る側にまわらなくちゃいけない

と決めたんですね。


もう一度言います。


・自分が稼ぐためのノウハウを
作らなくちゃいけない

・自分が売る側にまわらなきゃいけない

・お客さんに価値を感じていただけるように
脳をパワフル回転させなければならない


要するに、
自分が商品を「作る」「売る」
「お客さん」を集める主体として
動くことに決めました。

これはとっても大事な視点です。

資本主義経済のお金の流れ


自戒の意味もこめていいますが、
私もうっかりすると
消費者視点のままになってしまいます。


オイ、コラ!

金払ってるんだから、
払ったぶん稼がせろや!


というのが、
のちにクレーマーとなる
消費者視点です。

こんな横暴な消費者視点でいると、
もうおわかりだと思いますが、
この先稼げませんよ。

脳に汗かいてコンテンツを作って
セールスしてくる販売者に
お金がすぅ~っと行っちゃいます。

これはお金の自然の流れなんですね。

だって、販売者は、
自分よりも考えて、コンテンツを作り、
セールスをして、サポートに至るまで
「行動」してますよね?


動いた人のほうが、
動かなかった人よりも価値を置かれるのが、
資本主義経済でのビジネスのあり方です。


動くが勝ちの世界なんですよ。

そういう世界に私たちはいます。


しかもたくさん動いた人に
お金がすぅ~っと入っていきます。

クレーマーな消費者視点だと、
動かないのにあーだこーだ言うだけ
ですから。

そりゃお金が流れないよねって話で。

まとめ


まとめますね。

・過去に教材ノウハウを買った事実を
過去に置いてきて忘れる

・消費者視点を忘れて
販売者視点になる

・自分で商品を作る・売る・お客さんを
集める行動を現時点でおこなう

・たくさん動くと価値を感じて
もらいやすいので収入が増える



5年という長期間の
筋金入りなノウハウコレクターを
卒業するには、思い切りが必要でした。


あ、じゃあ、買ったことを忘れるわ

過去のことにしがみついても
しゃーないしぃ~


と何だったかの本を読んでいたときに
ふっと浮かんだんですね。

そこから動くしかないやんって
今にいたります。


もしあなたがノウハウコレクターで
なかなか卒業できないのならば、
これが一つのきっかけとなれば幸いです。


では!

アフィリエイトでノウハウコレクターを卒業するヒント

5年ノウハウコレクターをやってきて、無事卒業できました。経験からヒントをお話しています。

向山です。


以前にオファーした企画の
アンケートの中で、
このような質問が寄せられました。

==
向山さん、
どうやってノウハウコレクターを
卒業できましたか?
==


かつて私が
ノウハウコレクターだった時も、
同じ質問をその時成功されてた方々に
投げつけたかった疑問でした。


ほんとにノウハウコレクトしてたん?

教材を買って欲しいから
わざと盛ってるんちゃうん?

と意地悪な気持ちにもなってみたり。

すさんでましたね、私の心(笑)。

今となっては、
ノウハウコレクターは、
成功への踏み台となる登竜門だと
実感できます。

みんなどこかで通るところのようです。

ノウハウコレクター卒業のヒント


でもやっぱり、
どこでノウハウコレクターを
卒業できたのかは気になりますよね?

私の経験をシェアしますので、
ヒントになれば幸いです。

ブログから始めるをやめた


ネットを使うビジネスは、
意外とやることが多いです。

そこでビジネスの軸を1つに
決めるんですね。

私の場合は、
メルマガを軸にしぼりました。


5年間ブログアフィリエイトをやっても、
すぐにやめちゃって続かなかったんですよ。

「アフィリエイト⇒ブログから始める」

という思い込みが激しすぎたんですね。

だから「ブログから始める」のを
やめました。

だって、
5年やっても結果が出ないんですもの。

メルマガから始めるに決めた


そこで、メルマガが効果的なのは
頭ではわかっているものの、
本当にそうなのか検証したいと
思い立ちました。

常日頃いろいろな方々のメルマガを
読んでいますから、
実際に自分がメルマガを出す側に
なってみようと決めました。

疑心暗鬼ながらも、

「アフィリエイト⇒メルマガから始める」

に脳内で軸をシフトしました。

メルマガノウハウの教材を探し当てた


メルマガについては独学でやると、
コケそうな予感がしていたので、
数少ないメルマガ教材から、
優良な教材を探しまわりました。

メルマガノウハウについて、
懇切丁寧に教えているノウハウは、
意外と少ないんですね。

うっかりすると
高尚なマインド系だったり、
何をやるか、しか教えてなかったりで。

何をやればいいかはわかるけど、
どうやってやるの?まで
具体的に教えてくれるノウハウが
私には必要でした。


やがてふとしたきっかけで、
具体的で実践的なメルマガノウハウを
探し当てることができまして。


これであかんかったら
ネットビジネス自体も卒業する!

(勝手にしろよですよねー 笑)

という後戻りできない決意と覚悟を
もって、取り組みました。

以前の経験と知識を捨てた


ノウハウを実践するときには、
今まで持っていた知識と経験は捨てました。

意図的に、

私はなんにも知らん初心者です!

というゼロベースに戻しました。

そうしないと、ノウハウを実践しても、
身につかないのがわかっているからです。


なんもしらん初心者ベースで、
そのノウハウに沿って、
脳に汗をかきながら取り組みました。

メルマガを書くのは、
自分の脳内にある言葉を出して、
文章に書きかえる作業だからです。

ノウハウに夢中/販売者視点


そして、
そのノウハウに夢中になっているうちに、
他のノウハウには目移りしなくなりました。

というか、
他のノウハウをちょっと引いて、
見ることができるようになりました。

”そうかそうか
これはこういうことなのか”

販売者さんの視点で、
他のノウハウを見れるように
なってきたんですね。



やがて、
そのノウハウで成果が出るようになり、

やればできるじゃん!

と小さな成功体験を喜ぶことができました。

ブログの時はあんなにしんどかったのに、
メルマガになると、感覚が全然違うんです。

あとはもう小さな成功体験を
積み重ねていくだけです。

教わる側から教える側へ


そして、
お客さんの成約を取れるようになり、
教えてもらう側から教える側に、
立場が移っていきました。

教える側にまわるのは、
もともと好きなんですね。

大学時代、
教育学部に所属したこともあり、
家庭教師も4年やっていましたし。
(教員免許は持っていません)


教える側にまわるからには、
教わる側(お客さん)よりも、
より情報をキャッチして、
より考えなくてはいけません。

常に学び続けないといけないことは、
私の教育マインドに刷り込まれているので、
まったく苦ではありません。


教育マインドをいいかえると、

教える側でありながら
教わる側であり続けて学び続ける

ということなんですね。

だから、他のノウハウを見るときは、
お客さんに教える時のヒントを
見つけるために学ぶ姿勢でいます。



教育マインドまで話を大きく
広げすぎちゃったので、
まとめますね。

まとめ


・ビジネスの軸を1つにしぼる

・今までの知識や経験をナシにして
ノウハウに真っ直ぐに取り組む

・販売者視点でノウハウを見る

・教える側にまわる

です。


どうぞ、ご参考に!


脳みそおデブをスリムにするダイエット法

5年も脳みそおデブでインプットが多すぎた私が、4ヶ月でスリムにダイエットした方法は単純です。

以前の記事で、
ずっとノウハウコレクターで居続けるし、
文章力を高めるに紙書籍を読む必要がある
とお話しました。

ノウハウコレクターも紙書籍の読書も
「インプット」にあてはまります。

インプットはアフィリをする上では
絶対必要不可欠ではあります。

ネット上に言葉をのせて、
その言葉でビジネスをするのが
アフィリなので。

言葉のインプットがないと
ビジネスが成り立ちませんからね。


ですが。

何もアウトプットしていない
つまり何一つノウハウを実践していない

状態のときに、
インプットが多すぎると危険ですよ。

かつての私は金銭欲にあおられて、

今度こそ稼げるはずや
このノウハウさえやればきっと・・・

ニヘラ~(*´ω`*)と
やばい笑みを浮かべながら、
ノウハウを買いあさっていました。

危ない人でしたね(苦笑)。

何一つ実践できていないのに、
ノウハウのインプットだけが多いと、
脳みそがおデブになってしまいます。


そして、脳みそデブになると、
ノウハウを実践するときに
見えない壁を感じてしまうんですね。

見えない壁とは、つまり、

これだけノウハウがあるのに
実践して稼げなかったらどうしよう

という不安です。

私もありましたよ、この手の不安。

いやいやいや。

実践しないうちから
びびってどうするんですか?


で、私がこの、

脳みそデブなのに
稼げなかったらどうしよう不安

を乗り越えるときにやったこと、というか、
自然とそうなってしまったことがあります。

それは、


今やっているノウハウ以外の
ノウハウを一切見なくなった

必要最低限以外のメルマガを
読まなくなった

本を読まなくなった


この3つです。

アフィリの実践を続けるには、
他のノウハウもメルマガも一切見るな

というマインドセット的なことは、
よく言われますよね?

頭ではわかっているのに、
行動として見てしまいます。

無意識でやってしまってるから怖いです。

何一つ実践できてないくせに
他のノウハウやメルマガを
無意識のうちに見てしまう

なんてことを5年もやってきたのが
かつての私です。

いや~怖いですね。


そんな5年も脳みそデブな私が、
デブからスリムにダイエットできたのは、
ほんと単純なんですけど、

上の3つ=ノウハウ・メルマガ・本見ない

を一時的にやっただけなんですね。

以前お世話になっていた方からも、

向山さんはすでに知識があるんだから
もうガンガンアウトプットしてください

枯れて出なくなるまで出しきってください
出しきるまではインプットしちゃダメです!

とアドバイスされたものでした。


かつての私は、
そんなアドバイスをされても、

え~なんでインプットしちゃだめなの?

と疑問に思ったものですが、
今では疑問が解けています。

少しの期間はインプットなしで
実践=アウトプットのみで
やらなければいけないって。


かつての私のように、
ご自身で脳みそにノウハウをつめすぎて、
動けなくなってるとしたら。

また、無意識のうちに、
他のノウハウやメルマガを見ているとしたら。

ひと呼吸置いて落ち着いて、
実践するノウハウをどしっと決めて、
少しの期間実践のみをおこなってください。

もうこれ以上出てこない・・・
というまでアウトプットを続けてください。


納得いくまでアウトプットして
脳みそをスリムにできたら、
インプットしたくなるときが来ます。

インプットが「必要」と感じられた時に再び、
ノウハウやメルマガや本に触れましょう。

そうしたら、
ノウハウ・メルマガ・本が、
アウトプットのタネに感じられますよ。

吸収するだけのものではなく、
放出することを前提としたお宝に変わります。


まとめます。

インプット多すぎの脳みそおデブだったら
少しの期間アウトプットのみの実践をする


5年も脳みそデブだったんですけど、
勇気を出してアウトプットのみをしたら、
見えない壁をあっさりとこえました。

アウトプットのみの「少しの期間」ですが、
その人なりのペースがあるので、
はっきりとは言えませんが、
私の場合は4ヶ月くらいでした。

5年の脳みそデブを
4ヶ月でスリムにしました。

5年という年月は長すぎるので、
ダイエットするにも時間がかかりました。


脳みそおデブを自覚なさっていたら
参考になさってくださいませ!

いつまでもノウハウコレクター

ノウハウコレクターの消極的な話は無視で。稼いでなくても稼げてもノウハウコレクターでいましょうや。

向山です。

私はこれっぽっちも稼げない
ノウハウコレクターを5年してきました。

5年もの間、
セールスレターを見てついつい
教材や塾を買いあさりました。

ハードディスクには、
まだ見ぬお宝ノウハウが
すやすやと眠っています。


ノウハウコレクター自慢を
あちこちでお見かけしますが。

コレクターの勝負なら
負けない自信がありますよ!

5年ですよ。

2~3年じゃないんですよ。

持っているお宝の量が
ハンパないんですよ。

これってすごくないですか?


ノウハウコレクターのままだったら、
何一つ実践しないで終わってしまいます。

ですが、今は違います。

先人が時間をかけて作ったノウハウを
自分で実践して検証して、
私のお客さんが成果が出るように、
ノウハウを再構築するんですね。

今売られている教材や塾のノウハウは、
先人がつちかってきた知識と経験を、
販売者がお客さんに成果を出させるように、
一度バラバラにして作り変えています。


私はいま「メルマガ一筋」を軸にして、
ビジネスを展開していますが、
過去に購入したメルマガノウハウを
実践しながらノウハウを再構築しています。

ノウハウを守破離の「守」で
素直に実践しながらも、
自分の色を少しずつ足しています。

自分の色は、はじめからあるわけではなく、
先人の作った色に、色を組み合わせて、
塗り替えているんですね。

たとえば、
先人のノウハウの色が青だったら、
私が赤をさすことで、
ノウハウが紫が産まれ変わります。

5年のノウハウの蓄積から、
私のお客さんが成果を出すためには、
ノウハウの蓄積から赤がいいと選ぶんですね。

こうやって、
絵の具の色を混ぜあわせるように、
ノウハウって創り上げられていくんですね。

絵の具チューブの種類が多い、
つまり、ノウハウの種類が多いと、
より自分の色=ノウハウを出せてきます。


ノウハウコレクターをネガティブに
とらえられることが多いですが、
ノウハウの蓄積がない状態で成果が出たら、
あとからたーくさん蓄積しないといけなくて、
結局ノウハウを買ってるじゃないですか。

よく稼いでいる人が「投 資」と称して、

”今でも他の方の教材や塾を買ってます!”

と言われてるのを目にしますが、
あれは自分にノウハウの蓄積が欲しいし、
自分のノウハウを創り出したいからですよ。


だから、
稼げていようがいまいが、
手持ちのノウハウを貯める
必要があるんですね。

稼げてる人もノウハウコレクターです。

もしも稼げてる人が、
他の方のノウハウを買っていないなら、
学びや実践をサボっちゃって、
ビジネスも自分自身も成長させてない
ということなんで。

サボってるだらしない人から
モノを買いたくないですよね?

常にビジネスと自分を進化させるのを
辞めないでいて欲しいじゃないですか。

前を向いて走ってる勢いがある人から、
商品を買いたいですもんね。


というわけで、まとめます。

ノウハウコレクター自慢を堂々としていい

稼げてもノウハウコレクターを続ける

ノウハウの蓄積を自分色に染めて
自分のノウハウにして創り直す


ノウハウコレクターのネガティブな話を見たら、
適当に流しておきましょう。


では!