情報を受け取る当事者から発信者に変わるとき

情報を受け取る当事者から発信者に変わるとき

向山です。


情報の受け取り方は、
2通りのいわれ方がしますよね?


1)「情報にはたくさん触れなさい」

2)「他人のSNS・ブログ・メルマガは
見ないで、私から発信する情報だけを
見るようにしてください」

2つをいいかえると、

1)は浴びるほど情報を受け取ることで、
自分の情報を見る精度を上げられます。

2)は、悪い言葉でいうと、

「ほかの一切の情報を見ないで、
私だけを見て、私に洗脳されなさい!」

ですね(笑)

情報を受け取る当事者から発信者へ


2)についてお話しますね。


メンターや指導者だけの情報を見るのは、
自分にとってよいのか?悪いのか?
という疑問にぶちあたります。

メンターも指導者もいなければ、
ネットビジネス系の情報を
シャットアウトするのがよいのかどうか。

自然と感情が揺られるなら受け取らない


ノウハウコレクターを5年やった
私の答えは、

他人の情報を見て、
教材(商品)を見こみ客として
欲しい、買いたい感情になるのであれば、
情報を意図的に見ない

です。


教材を買いたい感情になるのは
どんなときかといいますと、
教材のセールスページを見て、
自分が「当事者」でいるときです。

セールスページに、

「・・・で不安ですよね?」

「・・・すると月に10万・・・」

「自由な生活を・・・」

というフレーズを見たときに、

不安な感情をいだき、
月10万円ほしいと思い、
現在の不自由な生活に不満を
無意識に、自然と浮かぶ状態です。

ネガティブな心理状態になるときは、
セールスページの受け手として
「当事者」になってるときなんですね。



不安だ
お金がない
不自由だ

こんな感情が自然と浮かぶときは、
無理やりにでも立ち止まるんです。

ひと呼吸おくというか。

ん?ちょっと待てよ?と。

そうすると、セールスページや、
他人の情報を冷静に見ることができます。

そして、
セールスページや他人の情報を見て、
ネガティブな心理状態になるときは、
意図的に情報を見ないほうがいいです。

発信する作業を続けると


そして、
情報の受身なインプットをやめて、
地道な作業というアウトプットを続けます。

・アフィリエイト特典を作る

・メルマガの原稿を書く

・ブログ記事を書く

やることはこの3つですよね。

この3つのうち、
1つでもやり続けます。

目安は3週間です。


そうすると、
情報への向き合い方が変わります。

どう変わるかというと、

情報を受身で受け取って、
感情が揺さぶられる当事者から、
情報をネタにして料理して、
自分の言葉で書く発信者

に変わります。


自分の言葉で書いて、
アウトプットする立場

情報を自分から発信する立場

に変わると、
不思議と情報の受け取り方も
変わるんです。

発信者と販売者の行動の理由を探す


情報の受け取り方は、

情報発信者は何の目的で
こんなことをいってるのかな?

販売者はなんで教材を
セールスしようとしてるのかな?

と発信者と販売者の意図を
考えるようになってきます。

情報の内容はもちろん見ますが、

なぜ情報を発信するのか?
なぜ教材を売るのか?

という、
行動の理由を考えるようになります。

情報を浴びるほど受ける段階


情報を受け取るときに、
発信者や販売者の行動の理由を
探るようになったときが、

1)「情報にはたくさん触れなさい」

の段階に進むタイミングです。

自然と感情が揺さぶられる
受身で情報を受け取る当事者から、
発信者や販売者の行動の理由を探しつつ
自分が発信するための情報を受け取る立場に。

自分が情報を発信するときの
ネタ探しで情報を見るようになった時が、
浴びるほど情報を受け取ってよい段階です。

まとめ


まとめます。

・他人の情報やセールスページを見て
自然と感情が揺さぶられる当事者の時は
情報を意図的に見ない

・情報発信者や教材販売者の
行動する理由を探るようにすると
情報を受け取るときに冷静になれる

・他人の行動する理由を考えながら
自分が情報発信するときの
ネタにするために情報を受け取れるなら
たくさん情報に触れていい



5年のノウハウコレクターを卒業
できたのはいくつか要因がありますが、

情報を受け取る姿勢を
無理やり変えたから

という要因があります。

受身の当事者→攻める情報発信者

当事者から発信者になれるかどうかが、
結局のところ、稼ぎにつながりますね。



どうぞ、ご参考に!