うつ病だとアフィリエイトではカミングアウトする?しない?

うつ病だとアフィリエイトではカミングアウトする?しない?

向山です。


私のプロフィールには、
一言も書いていないし、
メルマガでもブログでもいってませんが、
時々こういったメールをいただきます。


==

向山さんの講座と出会えてよかった!

私のようにうつ病や精神疾患で、
ネットのビジネスに入ってくる人がいるので、
こういう講座をひらいてくれて、
ありがとうございます!!

==


あれ・・・

私は自分をうつ病とも精神疾患とも、
どこにも一言も書いてないですが、
そういう方々には「わかる」のかな?と。

うーん・・・

うつ病だとカミングアウトするしない問題に決着


問題は、

自分がうつ病だったとして、
うつ病をカミングアウトして、
アフィリエイトをやるかどうか

ですよね?


この問題に対して、
5年稼げないノウハウコレクターの経験と、
自分の事情から答えを出します。

結論と理由


答えは、


病気をカミングアウトしない。

言わない。


です。


なぜ自分の病気をいわないかというと、

自分が病気であることは
お客さんには1ミリも関係ないから

です。


お客さんには、

成果を出してもらいたいし
稼いでいただきたい

これは、
ビジネス人なら当たり前の信条として
持っているはずです。

お客さんにコミットする


ビジネスをする側にとっては、

・お客さんは誰なのか?

・お客さんはどうしているのか?

・お客さんは成果を出せるか?

・お客さんは稼いでいるか?

という、

「お客さんがどうか?」

を考えぬいて行動しなければ
ならないんです。


お客さんがどうかが大事なので、
自分がどうかなんて、
関係ないんですよ。


もし自分がうつ病だと話して、
お客さんが行動できなかったら、
ビジネスとしては失敗です。

お客さんに
ネガティブな影響しか与えないのなら、
病気をカミングアウトしないでください。


自分の病気を明かすのって
自己顕示欲が高い人なんだな~

うつ病だからさみしいのかな~

かまってほしいんだな~

と思われてしまったら、
ビジネスになりませんから。

カミングアウトしていい例外


ただし、例外はあります。

お客さんが、

うつ病を抱えてて、
外で働けないからネットで稼ぎたい

そのために教材を購入してくれて、
歯を食いしばってでも実践して、
なにがなんでも稼いでやる!

だからあなたについていきます!!

という意気ごみを見せてくれた時です。

そのときは、
しっかりと寄り添って、
お客さんが成果を出すために、
自分のことは棚に上げて
コミットしてください。



・・・

私自身は40年生きてきて、
20代前半からずーっと
病気のショッピングモールを
経営してます。

病気のデパートじゃないですよ、
ショッピングモールです(笑)。

いまもモール内をうろうろしてます。

でも、私がどうかなんて、
あなたにはまったく関係ないんです。

実際、なんにも関係ありませんよね?

だからいわないんです。

いう必要がないんです。

誰もトクしないなら・・・


あなたがもし
うつ病でアフィリエイトをしているなら、
表向きはいわない方向でいきましょう。

私の肌感覚では、
うつ病や精神疾患については、
認知はされていても、
残念ながら理解は進んでいません。

めんどくさい人って思われます。

それに、WEB上のネガティブ発言は、
収入を産みませんし、
自分のブランドを下げるだけです。

見た人は共感はするかもしれませんが、
トクをしませんよね?

見た人が何も行動を起こしませんよね?

だからアフィリエイトをしていて、
収入が少ないうちはいわないでください。



いう必要があるときは、
お客さんが病気でありながら、
覚悟をきめてビジネスをするときです。

そのときに、
共感できる同志として、
お客さんの成果のために、
あなたの持てる力を出してください。


そして病気だった「過去」を、
失敗からの成功ストーリーで
語って良いタイミングで、
ズバーン!とカミングアウトしましょう。

このストーリーは、
セールス時に使えますんで。

そうですね、
独自教材を販売するときの
セールスレターに書くまでは、
病気を隠しておきましょう。

まとめ


まとめますね。

・アフィリエイトで食っていくなら
うつ病ほか精神疾患を
はじめからカミングアウトしない

・精神疾患の症状からくる
めんどくさいネガティブな発言は、
WEB上では悪目立ちするので百害。

・例外は、お客さんが病気だった場合、
お客さんの成果を上げるために、
共感して寄りそって全力を尽くす



この記事を読む人によっては、
とても厳しい主張に感じられるのは
よくわかっています。

ですが、ネットといえども、
ビジネスをなめてはいけないので、
厳しくいいました。

ネットでは平等・公平の文化があるので、
甘えることはできないんです。

平等・公平があるから、
うつ病も精神疾患であーだこーだは、
言い訳になります。

だから、甘えないで、
ビジネスへの姿勢を正して、
真摯に取り組んでほしいです。


ネットのジャンルは、
リアルでビジネスをすることにくらべたら、
成果が出しやすいんですよ。

ひとに価値提供できるビジネスを、
家でひとりでできるって、
幸せな時代じゃないですか。

だから、ちょっとくらいは、
ガマンしましょうね。



PS.

秘すれば花

訳:隠して秘密にするからこそ、観客を感動させられる

世阿弥の言葉です。

隠しておいたほうが、
花を咲かせることがあります。

アフィリエイトにしろ、
メルマガビジネスにしろ、
WEB上で表現する商売なので、

言わないことを決めておく

ことはかなり重要です。

自分の生身の情報が、
相手に伝わらないので、
言わないほうがいいことは、
言わないでおきましょう。

言わないことで
大きなメリットがあるなら、
言わないでおきましょう。


では!