ユーチューバーの収入源:目的はそこじゃない

ユーチューバーの収入源:目的はそこじゃない

向山です。


Youtuber=ユーチューバー
という職業(?!)が現れてから、
すでに3年以上は経過していますね。

ユーチューバーは何をしているかというと、
おもしろ動画を自分で撮影して、
動画をYouTubeにアップして、
動画の再生回数を増やしています。

ユーチューバーは再生回数が多いから、
Youtubeアドセンスだけで稼いでいると
思いがちです。

ユーチューバーの収入源(そこじゃないよ)


ん?

え、違うん?

いやいや、
アドセンスだけじゃないっしょ。

すこし引いて見てみましょう。

アドセンスでも稼いでいるけど


もちろんYoutubeアドセンスでも、
それなりに稼いでいるでしょうね。

動画のアップロード数と
1本の再生回数が多いので、
それなりの額にはなってるでしょう。


ですが、Youtubeアドセンスよりも、
もっと大きい金額を別のところから
稼いでいます。

というか、
別のところのほうが、アドセンスよりも
はるかに大きな収入をもたらしています。


その別のところにお気づきでしょうか?

もしも私がユーチューバーだったら


では、もしもで考えますね。

もしも私がYoutberをこころざしたら;

1.企業の商品を動画で紹介して
紹介料をもらう

2.ファンを集めてお茶会を開く

3.ユーチューバーセミナーを開く

4.→考えましょう

ひとつひとつ見ていきます。

1.企業の商品を動画で紹介して紹介料をもらう


企業さんから提供された商品を
動画で紹介してあげれば、
たくさん再生されるので、
商品を買ってくれるかもしれません。

再生回数が多いと、影響力が大きいので、
「○○さんが紹介してるから・・・」と、
商品に興味を持ちますよね。

そして、どういう報酬体系かは知りませんが、
何らかの形で企業から紹介料をもらいます。

企業からの紹介料は、
成果報酬だったとしても、
まとまっていただける安定収入です。

2.ファンを集めてお茶会を開く


リアルでコミュニケーションを取る
スタイルで、ファンとの心理的距離を
縮めます。

ファンからささやかな参加費をいただいて、
お茶会のような懇親会をひらきます。

握手したり、一緒に写真や動画を
撮ったりして、サービスをします。

ファンと自分と写った写真や動画が
Instagram、twitterやYoutubeにのれば、
自分の宣伝も兼ねることができますし。

3.ユーチューバーセミナーを開く


視聴者の中には、

「自分も○○さんのように、
ユーチューバーになりたい!」

という思いを持っている方もいます。

そこで、ユーチューバーである
経験や知識をもとにして、
セミナーを開きます。

ユーチューバーになるには

・何の道具が必要なのか
・何のスキルがいるのか
・気をつける点は何か

など、ユーチューバーを志す方に
教えてあげることができますよね。

セミナーの内容によって、
どこでやるか、何人集めるか、何回やるか、
そしてセミナー参加価格を決める必要が
あります。

自分にまとまった収入があるなら、
人数をしぼって少数限定にして、
無料でセミナーを開いてもかまいません。


ところで、セミナーだけで稼ぎますか?

4.の答え


4.の答えは、

セミナー動画を売ってリストを集める

です。


セミナーをやるならば、
セミナーを録画して、動画を編集して、
セミナー動画を販売できますよね?

セミナー自体を売って、
セミナー動画も売ります。

でも、ここで忘れてはいけないのが、
「リスト集客」です。

そう、メルマガ読者を集めるんです。

ユーチューバーの最終到達地点


セミナーをやってまで、
セミナー動画を売ってまで、
メルマガ読者を集めるんですよ。

ユーチューバーの最終目的が、

メルマガ読者を集める

ところに行き着きます。


私がユーチューバーだったら、
メルマガ読者集めを最終目的に設定します。

アドセンスのような不安定な収入や、
またセミナー販売で単発で稼ぐよりも、
リピート戦略ができる

「メルマガ読者集め」

を最後の終着地点に持ってきます。


Youtuberをやるのも
お茶会をやるのも
セミナーをやるのも
セミナー動画を売るのも

すべて集客のためです。


そして、集めたメルマガ読者さんには、
自分の商品でもいいし、他社商品でもいいので、
ときどきセールスすることができます。

(いつもセールスするとうざがられるので、
やめましょうね。)

いつもはYoutubeで視聴者を面白がらせながら、
ちゃっかりメルマガ読者を集めます。



いまのYoutuberさんたちは
ここまで意識してるのかな?

集客が最終地点なのかしら?

意識してたら鬼ヤバイなって思います。

意識してなかったら、
すっっっごくもったいないですよねぇ。

それぞれの層でメルマガ発信


ちなみに、

2.ファンとのお茶会
3.ユーチューバーセミナー
4.ユーチューバーセミナー動画販売

2.~4.はそれぞれでメルマガ読者集めが
可能です。

2.お茶会参加者メルマガ
3.セミナー参加者メルマガ
4.セミナー動画購入者メルマガ

と3つのメルマガを発行できます。

重複する読者ももいますが、
それももちろんありで。

3つもメルマガ出してて、
かつ、セールスがばっちり決まったら、
ドドーンと収入が上がりますよね。

まとめ


まとめますと。

アドセンス稼ぎのユーチューバーは
やめておきましょう。

メルマガ読者を集めまくる
ユーチューバーならやってもOKです。



私もYoutubeはわりと活用していますが、
メルマガ読者さんを集められるように、
細かいところまで意識しています。

だって、Youtubeって入り口だから・・・。


では!